6月のプチレッスン(全生徒共通レッスン前の5分間)は「音楽かるた第2弾!」

音楽かるた


でも正月じゃないし^^; 
そのままかるたで使うには季節も違うしもったいないでしょう?

と言う事で工夫しました(^0^)/

まず全生徒共通のテーマ曲…

「ちょうちょう」

誰でもあっという間に弾ける(はず…!?)曲だけど
右手の音符以外は何も書いてません。

6月のちょうちょう


次に用意するのが「音楽かるた」の18番~49番!

音楽かるた記号


弾き始める前に39番~42番の早さを表す記号カードから1枚引いてもらいます。
もし「Allegro」引いたりしたらもぉみんな「うそ~、早く弾けな~い💦」と早くも泣き言です(笑)

テンポが決まったら早さを決めてもらい
数えてアンサンブルの始まりです!

私は伴奏弾きながら、4小節ごとに、いや2小節ごとに
早業で音楽記号のカードをサッと見せます!

(生徒)「あわわ・・・💦 ff フ…フォルテッシモ!?」

小節が変わる度にカードがクルクル変わります(^^)v
アクセント テヌート スタカート…
変えて、変えて、変えて…。


最後は
poco a poco
rit.
フェルマーター
の3枚一気出し!!

で、終了~♪

みんなジェットコースターに乗った後みたいにヘロヘロのグタグタ(笑)


カードの意味が分かっていたのかいないのか
考える暇もなく私とアンサンブルしたような気がします。

いきなりだったもんね^.^

アンサンブル終了後
ボー然としている生徒さんに

「家でゆ~っくり考えられるよう宿題にするから安心してね~♡」とやさ~しく声をかけます(笑)

音楽かるたの13番~49番までの記号を
わずか16小節の「ちょうちょう」の楽譜に全て(ここが大事!)書きこんで
記号てんこ盛り、何でもあり、オリジナル「ちょうちょう」に編曲します。

D.CやD.Sの意味が分かっていたら、
16小節より曲が長くなるってわかるんだけど
どうかな?


来週までに曲名決めて、両手で弾いてきましょうね♪


初見(1回目)では、みんな頭がから湯気出てたけど
目はキラキラ✨輝いてたよ~(^0^)/

たぶん…


どんな「ちょうちょう」が飛び出すか
楽しみ~~~♪




憧れの先生と♪

リンゴの教材

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。