FC2ブログ

今月号のムジカノーヴァのスペシャル企画

林成之先生の
 脳の仕組みにそった教え方とは?


いつものごとくアンダーライン引きまくりで読みました!


絶対音感の本を読んでから
神経細胞と知育の関係に興味を持ち

ちょびっとだけね^^;

NHKで見た「人間の細胞」では音楽との関係に驚きました。


今回のムジカノーヴァでは林先生が書かれた
 
こどもの練習と脳の仕組み



脳の仕組みを知ったうえでこども達と接すると

最大限の力を発揮する

と言うお話でした。


中でも

「成功体験」が育脳に大事だと言う事

これは"褒める"と言う事で皆さん実践されてると思うのですが

ハードルを下げて褒めて成功体験を実感させ脳を育て

更に同じことを繰り返すことで理解力と判断力が付く

つまりこども達は

優等生になる

そうです。

反復せずに途中で諦めたら?(練習を途中で投げ出すとか)
達成感に無関心になり

優等生になれません、と仰ってます^^;

私の事…?



こどもに見えないものを見えるようにするのが先生の役割

の一説は深く共感しました。

5月のプチレッスン

友人のピアノ発表会

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。