FC2ブログ

去年の5月から習い始めた大人の生徒さん。
お孫さんがいるとは思えないくらいハツラツ(死語…?)としてらっしゃいます。

ピアノが好きで、私に習う前にも習ってらしたのですが
その時の先生は

「どうして出来ないの!?」が口癖だったそうです。

そうですね。

私達経験者にとっては当たり前のことだからつい言ってしまうのでしょうか。
でもそれを言ってしまうのではどうなんでしょう…。

初心者は「どこが分からないか分からない」ことも多々あるんですよね。


前の先生のレッスンで、大きな音(フォルテ)を力ずくで弾いてしまい
「クレイジー」と言われたそうです。

でもどうやったら良いのか分からず、言葉に緊張して手が萎縮。
結局分からないままレッスンを終えてしまったそうです。



そんなIさん。

『今はまだ上手に弾けないけど、どうしてなのか、どうしたらよいのか、意味が分かるから地味な練習もスゴク楽しいんです♪』とにこやかに仰います。
今日も、次に弾きたい曲の楽譜をピアノの上にこっそりと?置いてありました^^

大人の生徒さん

録音した自分の曲を静に聞き入るIさん。


私がまだひよこ先生だったころ

「1~100は教えやすいけど、0~1が一番難しい」と言った同級生の言葉が今でも忘れられません。


「1」の事を1で終わらせ伝えるか、
100分割し生徒にあった方法で伝えるか、
分割できれば出来るほどその生徒に合った策が見つかると分かった時、勉強しても勉強しても終わらない自分がいました。

あ~でもないこ~でもないと試行錯誤する日々。
性に合ってるのか結構それが楽しくて誰かに褒められるわけでもないのに続けて来たある日

Iさんがにこやかに言った
『意味が分かるから地味な練習もスゴク楽しいんです』の言葉に 

「あ~これで良かったんだ♪」と、心から感謝しました。



お幸せに〜💕

レパートリーCD

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)