FC2ブログ

客観的に何処を直したら良いのか理解してもらうために、以前はレッスン時にデジカメで録画して見せておりましたが、あまりにも画面も音量も小さく生徒さんに「ここがね・・・!」と理解してもらうにはど~も印象付けられなかったようです。

その後、今年の始めに買ったi-pad2でレッスン時に録画し、その場で見ながらレッスンをしたところ
大きな画面で、自分がどんな風に弾いてるのか客観的に観る事が出来、すごく効果的なレッスンが出来るようになりました。

i-pad2の使い方

何を直したら良いのか目で見て理解できたようで、その日は二人で喜びながらレッスンを終えたのですが、1週間後レッスンすると
「あれ、直ってない…!」

尋ねると
「やりかた忘れた」と軽くひと言…

そうなんです。

1週間前は「うん!分かった」と満面の笑みで理解しても、1週間と言う「時間」は子供たちに悪意のない「宿題忘れ」をもたらしてしまうのです。

これはかなりショックな事です。
低学年に限らず、高学年の生徒さんも口頭で教えても間違って理解したり記憶したり…。

こども達が悪いわけではないけど、とてももったいない1週間が過ぎるわけです。


そこで夏から始めたのが「ビデオ録画」
始めはビデオムービーで録画してたのですが、出したり設定したりがとても大変…。

試行錯誤の結果、最近取り入れたのが
デジカメで録画、テレビで再生

これがすごく簡単で使い易い!
ビデオでレッスン

レッスンで大切な事を録画し、家庭でゆっくり見る。
または時間に余裕がある生徒さんはレッスン終了後すぐみる事もあります。
(↑写真)

子供たちは自分が映ってるから興味津々、喜んでみてくれます♪
最近では、レッスンの最後に顔をアップにし
「今日のレッスン」と題して、まるでリポーター風に発表してくれます

ビデオでレッスンすると「忘れた~」と言い訳の効かない宿題忘れのないレッスンが出来ますよ♪
ただし、先生のお話も演奏も録画に残ると言う事を忘れずにね~

箱崎水族館Live vol.9

ムジカノーヴァ、その後

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)