FC2ブログ

毎年10月に入ると、我門下生も構内合唱の伴奏者に選ばれる生徒さんが多く、通常レッスンの合間にレッスンする機会が増えます♪

校内合唱の伴奏

自分も学生時代経験したのでその緊張感は今でも覚えてますが、レスナー同士の中で演奏するそれとは違う上、とかく独奏=独走しがちなソロ演奏が、皆の声に合わせると言うアンサンブルの楽しみ方を覚えてもらえることが一番嬉しいですね

「伴奏は縁の下の力持ち(ちょっと古い!?)。影でそっと支えるけどなくてはならないものなのよ♪」
とささやかなプレッシャーと責任感を匂わせます

通常のレッスンと違い、皆譜読みも練習も段違いに早い!

いつもの曲もこんな風に意欲的に緊張感を持ってくれたらな~、と思う秋の始まりです

ピアノの先生が読む本

新しい楽譜♪

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)