FC2ブログ

ピアノの先生の書籍って、ピアノを習ってない人には不思議がられます。

20代の頃から、自分以外の先生がどんな風にレッスンしているのか、どんなあの手この手を使いながら導入期にレッスンをしているのか、大変興味がありました。

初めて出会ったのは大村典子先生の著「ヤル気を引き出すピアノのレッスン」

今読み返すと赤線だらけ何度も読み返したのが分かります。

その後も「ピアノが好きになる教え方・習わせ方」等、当時の大村先生の本は殆ど読んでレッスンに生かしてました。

その後、色々買ったけど実際に活用したのは、初心に返って指の基礎を勉強するのに買った「ピアノを弾くからだ」vol.1と2ですね。

DVD解説付きで先生の口調がとても丁寧にお話されるのが印象的です♪

最近はまっているのが籐拓弘著シリーズです。
ピアノ講師の仕事術

ピアノ講師の仕事術
音大では教えない7つのこと
確かに納得です!


最近仕事&雑事に追われ自分の時間が持てず、後から後から「すること」をこなすだけの毎日になってました。

レッスンやステージ、ボランティア活動にライブ等々。
嫌いじゃないけど何かか違う。

そんな話を同じく忙しく音楽を続けている友人にすると
「お風呂みたいものなのよね。お風呂は好きだけど疲れてるからゆっくり入る時間を作るのがすごく億劫になることがある」

う~ん、確かに!


で、自分時間を改善するためにも一気に読みました!
う~ん、なるほど~と言う事がワンサカ!

早速実行しているのが
「やること」と「やらないこと」の仕分けをする
「5分しか」ではなく「5分もある」と考える
「スモールステップ」で「こころのブレーキ」をはずす
等々。

確かに少~し時間の使い方が変わった様な気がします。
特に「やること」と「やらないこと」の仕分けは目から鱗でした!

「成功するピアノ教室」への 7つのブランド戦略「成功するピアノ教室」生徒が集まる7つの法則をネットで注文中。

効果の程はまた後ほどブログにupします♪

レッスンの思い出に

芸術の秋♪

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)