FC2ブログ

ほぼ毎月、新しい楽譜を買っては

「レッスンにどう活かそうかな~♪」とか

「どの生徒に使おうかな~♪」と眺めながらニタニタしております

今回も4種類、6冊購入
ピアノの楽譜 ピアノの楽譜1
ピアノの楽譜2


ブルグミュラーでお国めぐ2

この本は既にvol.1を購入。待望の続編です。
実は、この本を作られた後藤ミカ先生は同じ福岡のピアノの先生。
本を作られる以前に、先生のブログを拝見しレッスンに対する情熱や考え方、またレッスンのアイディア等、学ぶ事がたくさんありメールを交換させて頂きました。

そんな折出されたのがこちらの楽譜

シンプルなブルグミュラーを楽しく&バラエティーにアレンジ連弾されており、レッスンではもちろん発表会等でも大活躍する楽譜になりそうです


オーケストラと弾くクラシックピアノ

誰もが憧れるアンサンブルではないでしょうか?

私も初めてグリーグのピアノ協奏曲第1番を聞いたとき、オーケストラと共演!?
夢のまた夢…。
と思ったものです
今は簡単にPCでカラオケが作れる時代だからこその楽譜なのでしょう。
有名な曲をオーケストラをバックに弾く事が出来る1冊です。
発表会とかでするとかなりステージ栄えするんじゃないかな?
ただし、あくまでもPCで作った、と言う感じは否めません。


小学生のためのピアノ名曲集

何で「小学生のため」なんでしょうね~。
曲数や曲のバラエティーさで比べると、他の名曲集より群を抜いてるかもしれません。
アレンジもそう悪くありませんよ。(無茶苦茶良いわけでもありませんが)
クラシックではないのでこの程度のアレンジでしたら標準かもしれません。
常用のテキストに飽きたら、この中から抜粋して弾く時に良いかもです♪


4期のピアノ名曲集

4期の楽譜は、これ以外にも中村菊子先生の楽譜を持っていますが、今回はCD付きと言うのに魅せられました
丁度就学前の生徒さんが、バーナムのピンクが終わり緑に進みたくても手が小さくまだ筋力がないのでメソッドをどんどん進ませても手の筋力が整ってない今は手がくずれてしまうな~、と思案していたところ。
程良くバロック時代の曲が入っている上CD付きなので音感も一緒にレッスン出来ちゃう♪と思い購入。

正解でした!
左右均等に動くバロック時代の曲は、まだ筋力のない小さな手にピッタリ!

実はそのレッスン後、Vol.1~3まで大人買いしてしまいました
その楽譜については後日ゆっくりお話しするという事にしましょう♪

芸術の秋♪

アクロスシンフォニーホールで♪

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)