FC2ブログ

幼稚園の頃から習っているT君。
来年は小学校を卒業です。早いものでピアノを習い始めて6年が過ぎました。

習い始めの頃はピアノの椅子に座っても足が届かずぶらぶらしていたのに、今ではガッチリとした身体で両足を開き、男らしく座ります(笑)


「人よりペースが遅くて…」と、恐縮そうに仰るお母様。

「いえいえ、慎重なだけですよ」と私。

そう、T君は何でもじっくりコツコツと取り組む性格。だから自分が納得行くまでは前に進みません。確かに1曲に何ヶ月も掛かったり、譜読みにすごく時間が掛かることもあるけど、適当に練習しない分1つ1つのことがしっかり自分の実になります。

また、自分のペースで弾くと言うことは、「○○迄に」と言う期間を決めることが苦手な事もあります。

T君も、発表会等決められた期間の中で曲を仕上げるのは、自分の力量以上の努力を強いられるのでとても大変なことなんです。
今年1月にあった発表会で、『○○迄に暗譜』『○○までに仕上げ』
期間を決められるレッスンに彼は何度も途中で諦めました。
「発表会まで間に合わないから…」

でも、頑張って頑張って、ホントに何度も涙を流しながら頑張って、彼の周りの友人を、家族を、そして私を驚かせるほど素晴らしい演奏をしました。

13th発表会にて


来年の1月、ミニコンサートが控えています。
ホールコンサートほど大きな会場ではありませんが、人前で演奏することには変わりなく、T君にとってまた大きな試練の時かもしれません。

でもねT君、今弾いている曲は発表会のために練習しているんじゃないのよ。
自分のペースでゆっくりじっくり納得の行く弾き方で練習して、もしそれを人前で弾いても良いなって思えるようになったらミニコンサートで演奏してみよう♪

音楽に線引きなんてないから、自分のペースでピアノが弾けたらそれで充分
来年中学生になるT君。ミニコンサートが最後のコンサートになるかも。
出来れば「あ~、楽しかった♪」って言えるコンサートになりますように

第25回、冬のミニコンサート♪

指番号カード、その後

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)