FC2ブログ

私のレッスンでは「ねこの手」を終えた生徒さんは、必ずハノンに進みます。
音符ばかりの練習曲で賛否両論ですが、私はピアノを弾く上で指を動かすのに最適なテキストだと思ってます。

でも私のレッスンでは「羅列した音符を弾くだけ」のレッスンではありません
レッスン方は色々ありますが、ハノンで良く使うのが「おしゃべりハノン

以前にもブログに書いたように、ハノンを弾きながら私とお喋りするんです

一昔前の先生だったら「弾きながらお喋りなんて!何て不真面目な!!!」って感じだったんでしょうね

仕事柄人前で演奏することが多いのですが、私が演奏する時は「手」は奏者、「自分」は指揮者として演奏しています。
つまりいつも「手」と「自分」を切り離し、客観的に自分の演奏を聞きながら演奏している訳です。


随分昔、尊敬する先生から
「弾いてはだめよ。自分の演奏は『聴く』ものよ」と教えられました。
その当時、「ピアノを弾いているのに『弾いてはだめ』なんて。どういう意味…!?」って感じでした。

月日が経ち、ようやくその意味が理解出来たように思います。


自分の生徒たちにもいつかこの意味が理解でき、自分の音を客観的に聴くことが出来る生徒であって欲しいと願い、ハノンにちょっと楽しみをプラスして日々練習をしています♪

おしゃべりハノン
この日は「一寸法師」を朗読しながら演奏中♪

暑さ対策

七夕生まれ♪

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)