FC2ブログ

長年、美味しいパンを作る事に専念していた友人のパン屋さんが閉店する事になりました。ブログで知ったのですが、すごくショックでした。

(友人のブログより)
誠実に自分の納得のいくパンを作ろうと頑張ってきましたが、時代の波に飲み込まれてしまいました。“効率よく”“はやりの”“安価な”パンはつくれないと。ほんの10日まえに決心いたしました。それまではまだまだ頑張るつもりで、機械の修理に数十万もかけ、毎月チラシを発行し、新製品の開発も続けてきたのですが、なんせ睡眠2時間。精神的にも資金的にも体力的にももう限界かな・・。
夫婦で寝る間も削って頑張って来たパン屋さんでした。評判が良くメディアにも載りました。でも「職人」気質のご主人がこだわるパン作りだけでは生きて行けない厳しい現実がありました。

彼女のブログはこうも書いてます。
良い演奏家が、必ずしも良い指揮者になれるわけでは無いように、良い職人が必ず成功する経営者になれるわけではない。


私の周りにも「職人」気質のミュージシャンが沢山います。でも食べていくためには、自分の求める「音楽」を諦めなければならないのも事実です。「音楽」をしながら生活が出来るだけでラッキーと考えなければならないのが現実でしょう。
食べて行くためにはプレイヤーなのに指導をして教鞭代をもらうことも、演奏したいジャンルが違っても演奏して演奏代を稼ぐ事をしなくてはいけないのも現実です。

認めてもらうためにやるのではない、食って行くためにやるのでない。自分が求める物を作って行く、そんな職人さんが生きて行ける世界はただの自己満足なのでしょうか?


一人で生きて行けない世界で、職人は存在しないのでしょう。

ピアニスト





ハノン克服法♪

目に見えない壁

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)