FC2ブログ

小さな頃は、ただ弾けるだけで楽しかったピアノも、ある程度弾ける様になると、ただ弾くだけでは「何か違う・・・」と気付く時が来ます。

今教えている生徒さんの中にも、今まで教えてきた生徒さんの中にも必ずいました。

練習してるのに何故…?」

皆同じ様な疑問を持ってしまいます。


つい先日も、6年間習っている生徒さんが「こんなに練習しているのに何故…?」。そんなジレンマにレッスンが終わってきっと涙を流した事と思います。
丁度レッスン終了後お母さんとお話しすることが出来ました。
練習はしてるのですが、今日も怒られたんじゃないですか


ですよね。
子供達は出来ずに何度も何度も繰り返し弾かされる事に「怒られた」と感じた事でしょう。
その時は、次の生徒さんも待っておりましたので、その日の夜メールでお話させて頂きました。

(以下メールの内容より)
『同じところを何度も何度も弾かされたので本人は怒られたと勘違いされたのではないでしょうか? 事実今までとは随分内容の違うレッスンに入って来ました。
(中略)
目には見えない「音楽」を演奏するために、書いてある音符の後ろにある風景、空気感、呼吸、感情、色等々、何度も何度も弾いて、表現する事の楽しさを見つけるレッスンに変わろうとしています。』


上記の様にこう言った生徒さんは、実はとても難しい時期に入ってます。
指も動くし、読譜力もある。なのに何度も何度も弾かされる。「何で!?」って疑問詞が沸いて当たり前でしょう。

音符は表現するための材料で、音楽は流れであり呼吸です。
気持ちの中に想像した感情を音に込める事で表現する、作品なのです。

そんな音楽を作り上げるのは理屈ではありません。
何度も何度も弾いて「何か違う…。でも何が…!?」の答を自分自身で見つけながら作って行くのです。

「壁」を乗り越えるには数式も答もありません。自分で掴むしかない領域です。
どうか、何度も何度も弾く事を諦めなければ、いつか必ず自分だけの音楽を表現出来る日が来るはずです。


piano

職人であるという事

Windy in 西鉄ソラリアホテル&トランスブルー

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)