FC2ブログ

小さな手のお子さんに、重たい鍵盤のピアノを教えるのは大変です。

まだ筋肉も骨も固まってないので、無理な力を入れすぎて
1の指がすぐ「まむし指」(第2関節がへ込んだ状態の指)になってしまいませんか?

早期に気付けば、直し様もあるのですが
引継ぎの生徒などでそうなってしまった生徒さんの指の矯正は大変です。


でもそれを、
あっと言う間に直してしまう練習を発見しました

1の指の矯正1

1と2の指の間に、削ってない丸い鉛筆を挟んで、ハノン等
両手の広がりが少ないユニゾンの練習曲に使います。


1の指に無駄な力が入って、ギュッと押されると
指の間に違和感があり、力を緩めて弾くようになります。


1の指の矯正2


上から見ても、綺麗にまむし指が直ってますね♪

始め、慣れないときは指の間に違和感がありますが
無理な力が加わらない限り、押さえつけられる痛みはありません。


早い生徒で、その日のうちにコツを掴む生徒もいます。


矯正は、急には直らないので
必ず、毎日の練習に「鉛筆を挟む」練習を加えてみては如何でしょうか。


色々なレッスンのアイディア集をホームページにまとめてますので、
こちらもご覧下さい

ぴあの屋.com

嘉穂劇場

良い夫婦の日?

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)