FC2ブログ


小さな子供達に微妙な音色や曲の表情を説明するのに
「手の動き」の話をしましたが
この他に有効なのが、「声の色」です。

曲想によって変わる「悲しい」「楽しい」「寂しい」等々の感情を
曲に合わせて声のトーンで表現します。

特にPやPP等小さな音の表現の時には
内緒話の様にささやくように子供達に話しかけたり歌ったり。
「悲しい」メロディーでは泣くまねをしながら
お話したり(^^;

後ろで聞いている親御さんはびっくりなさってます(笑)

とにかく細かく言葉で説明するよりも
「手の動き」に「声の色」を合わせると効果的絶大
毎回女優になったつもりでレッスンしてます

美味しそうなケシゴムの効力!?

手は口ほどに物を言う!?

comment iconコメント ( 2 )


コメントありがとうございます。役に立てて光栄ですe-453
気が付けばピアノを教えて四半世紀も経ってしまいました。
今だに日々試行錯誤の毎日です。
でも悩むことで生徒から教えられ、自分も少しずつ成長させてもらってる事が嬉しく感じられるようになりましたv-344
少しでも参考になれば幸いです。
御訪問ありがとうございましたv-266

名前: バッハ [Edit] 2006-02-07 06:05

はじめまして☆

私も、ピアノを教えています☆今年で4年目、まだまだ教える事の難しさに、日々葛藤してます(^^ゞ けんばん屋さんのブログ、すごく勉強になります☆ これからも、楽しみにしてます♪

名前: yu♪ [Edit] 2006-02-06 20:09

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)