FC2ブログ


何年教えていてもずっと悩む手の矯正。
ピアノを弾く際に大切な手の動きは
指が鍵盤を掴む力を使う事。

しかし、力は使うが指以外の部分に余分な力が入らない、
つまり脱力が重要な鍵になるのですが、
この「脱力」を教える事が難しく色々試行錯誤して来ました。

どうしても手首、ひじ肩等に無理な力が入って
浮き上がってしまう生徒がいるんです。

そんな時思いついたのがピアノの蓋を使う「ねこの手」練習!

下記の写真のようにピアノの蓋に両手をのせて
いつも通りに指の練習をさせると手首に無理な力が入らず、
指だけがスムーズに動くんです。

あとは掴むように指でピアノをこすったり
1本ずつ独立した動きを作る上下運動させたりと
バリエーションは様々ですが
手首に無理な力を入れることなく練習出来ます。

ねこの手

手は口ほどに物を言う!?

記憶写譜

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)