6/15から25日まで、友人と海外へ旅行♪
書きたいこと沢山あるので、旅の詳細は後日改めて書くことにします(^.^)/

実はその旅行中、生徒の通ってる中学では秋の合唱祭に向けて伴奏者のオーディションがありました。

クラスに数名候補生がおり、受かるのは各クラス1名だけ。
中学にしてはかなり厳しいオーデションのようです💦

私の生徒も、その中学に3名通っており、3人自らオーデションを希望して来ました。

ただその内2人は同じクラス。
つまり2人一緒に受かることはないのです…。

結果は全て審査をする先生に委ねるしかありません。
私達は悔いのないように精一杯頑張るだけです!

私が見てあげられる期限は旅行前の14日迄。

譜読みは生徒の自主性に任せ、私が教えたのは

*曲の音楽性
*歌と伴奏の対比

そしてオーディションで最も重要な事は、

*絶対止まらないこと

皆伴奏したくて自らオーディションを受ける方ばかり。
同じ学年同士なので、技術的に大きな大差はないはずです。

そうなると審査をされる先生は「ミス」に過敏になられるはず。
ましてや、止まったり、やり直ししたりした奏者には容赦ないでしょう。

全体の曲が仕上がったら、曲想や歌との対比を考えながら
止まらない、止まらない…、止まらないで~!
ミスしそうになっても堪えて…!
そうそう、歌って♪心でずっと歌って!
歌に寄り添うように・・・♪

結局、レッスンで見てあげられたのは1ヶ月足らず。
うち一人の生徒は6月に入って「オーディション受けたい♪」なんて言って来たのでたった2回しかレッスンしてません(>.<)

旅行に出て3日後。
旅先にメールが届きました。

doki doki...

3人中、2人合格!

そう、同じクラスのもう一人が残念ながら落とされました…。

仕方ありません。
受かるのは一人と決まってるんです。

伴奏に決まった生徒もそうでない生徒も、今迄のレッスンにない良い経験をしました♪
きっとこれからのピアノ人生にプラスになることでしょう。

合唱コンクール1
(写真は去年の合唱祭のものです)


スポンサーサイト

レッスン前の「プチレッスン」、6月は「音楽かるた」だけど、前述した様にそのまま使っては面白くない!
で、先日書いた様に記号てんこ盛りの何でもあり「ちょうちょう」を作らせたところ「音楽かるた」の13~50番迄の37個中、36個の記号を使い弾いて来た生徒がいました✨

記号てんこ盛りちょうちょう

一緒にアンサンブルする私も、クルクル変わる記号に目がグルグル(◎_◎;)


曲名の通り、気まぐれなちょうちょうはデカくなったり止まったり、とても面白く仕上がってました♪

何度も書いてのですが、Facebookのおかげで色んなピアノの先生とつながり、たくさんの情報を得ることが出来ました♪

今日ゆっくりお食事^^;🍻しながらお会いした先生もそのお一人♪
まだお会いするのは3度目だけど腹を割って(笑)話せる場に来れたのは今日が初めて*\(^o^)/*

リラックスした場(焼き鳥ですが)の中、耳だけはダンボ!!

(なるほど…)
(そう言う手もあるのか…)等々♪

初めは会話の隅々まで漏らさず聞いていたのだけど、それも束の間^^;
結局

「楽しかった〜♪(*^◯^*)」の記憶しかない私…^^;

先生と



次回は気の緩まないセッティングを入念に練ってお会いしよっと♪

6月のプチレッスン(全生徒共通レッスン前の5分間)は「音楽かるた第2弾!」

音楽かるた


でも正月じゃないし^^; 
そのままかるたで使うには季節も違うしもったいないでしょう?

と言う事で工夫しました(^0^)/

まず全生徒共通のテーマ曲…

「ちょうちょう」

誰でもあっという間に弾ける(はず…!?)曲だけど
右手の音符以外は何も書いてません。

6月のちょうちょう


次に用意するのが「音楽かるた」の18番~49番!

音楽かるた記号


弾き始める前に39番~42番の早さを表す記号カードから1枚引いてもらいます。
もし「Allegro」引いたりしたらもぉみんな「うそ~、早く弾けな~い💦」と早くも泣き言です(笑)

テンポが決まったら早さを決めてもらい
数えてアンサンブルの始まりです!

私は伴奏弾きながら、4小節ごとに、いや2小節ごとに
早業で音楽記号のカードをサッと見せます!

(生徒)「あわわ・・・💦 ff フ…フォルテッシモ!?」

小節が変わる度にカードがクルクル変わります(^^)v
アクセント テヌート スタカート…
変えて、変えて、変えて…。


最後は
poco a poco
rit.
フェルマーター
の3枚一気出し!!

で、終了~♪

みんなジェットコースターに乗った後みたいにヘロヘロのグタグタ(笑)


カードの意味が分かっていたのかいないのか
考える暇もなく私とアンサンブルしたような気がします。

いきなりだったもんね^.^

アンサンブル終了後
ボー然としている生徒さんに

「家でゆ~っくり考えられるよう宿題にするから安心してね~♡」とやさ~しく声をかけます(笑)

音楽かるたの13番~49番までの記号を
わずか16小節の「ちょうちょう」の楽譜に全て(ここが大事!)書きこんで
記号てんこ盛り、何でもあり、オリジナル「ちょうちょう」に編曲します。

D.CやD.Sの意味が分かっていたら、
16小節より曲が長くなるってわかるんだけど
どうかな?


来週までに曲名決めて、両手で弾いてきましょうね♪


初見(1回目)では、みんな頭がから湯気出てたけど
目はキラキラ✨輝いてたよ~(^0^)/

たぶん…


どんな「ちょうちょう」が飛び出すか
楽しみ~~~♪




先日facebookにも載せた緒方先生に教えて頂いたレッスングッズのリンゴ

リンゴの教材

購入のきっかけはレッスンでお話していた
私作「ぜんおんぷばあさん」でのことでした。

(市原悦子風に↓^^)

「むかし、むかし、気のやさしい ぜんおんぷばあさん は(私)
いつもリンゴを4こ持ちお出かけしていました。
ある日、まっ白なお顔の可愛い双子、2分おんぷ子ちゃんに出会いました。
気のやさしいぜんおんぷばあさん2分おんぷ子ちゃん達に
リンゴを2こづつ分けてあげてました。

またある日お散歩していると
顔が真っ黒に日焼けした4つ子の男の子、四分おんぷ太郎に出会いました。
気のやさしいぜんおんぷばあさんは
ひとり1個づつリンゴを分けてあげました♪

またまたある日お散歩していると
二人づつ手をつないだ仲良し4人組、8分おんぷちゃん達に出会いました。
ぜんおんぷばあさんはリンゴを4個しかもっていません。
仕方ないので持っていたリンゴを仲良く半分づつ分けてあげることにしました」

とここで平面に書いたリンゴをパカッて2つに分けて見せると


子供達 「???」

私「・・・」


子供達の中には平面リンゴでは「半分」と言う事が理解しにくい子もいたんです。

そのまま16分音符の話になって

「半分の半分を分けてあげました」

なんてなると

「???」×2 の表情に^^;


で、このリンゴを見つけた時即買いしたと言う訳です。

今回買ったリンゴなら
いつも食べてるのと同じように
立体的に見せる事が出来るので「半分の半分」の意味も分かるかも~♪


と言う事はあと3個追加注文しなきゃ…!


オブジェにとしても可愛いので良いか🍎

先日、レッスンに使うシールが簡単に手作り出来る事に味を占め(笑)

音楽ボランティア「パレット」のシールも作ってみました♪

手作りシール

葉書サイズで4枚1セット。

プリントアウトの時、四隅が汚れてしまった…!

パレットの絵(ロゴ)は、代表の娘さんさんが書かれたもの。

私はそれに文字を入れただけ(^^;


実は実はわたし...

外に出るより
服買うより
ピアノ弾くより!?

パソコンでこんな風に
チマチマと
何か作ってる方が好きなんです(^.^)


指の練習のために「バーナム」シリーズを使ってます。

バーナム

ピンクのバーナムまで進んだ生徒さん。
最近指が思うように動かず無理な力が入って
中々先に進めません。

気がつかないうちに変な指癖が付いてしまったようです。

レッスンの時は気を付けるけど
自分で練習するときは自分の弾き方にしていたのが原因の様です。

四六時中見てる訳にはいかないので仕方にと言えばそうだけど
レッスン1割自分で練習9割を占めるピアノレッスンでは
練習の仕方を間違えると大変なことに…。

そこであえてしていなかったバーナムの導入書
「バーナムミニブック」をすることに。

バーナムミニブック


ある程度進んでいる生徒さんが急に「導入書」に変わると
疑問が生じ練習嫌いになることも。

ここは慎重に本の入れ替えです。


譜読みが早いので毎回2~4ページ、一気にアンサンブルで進めました。

手のフォーム
脱力

大切なことは丁寧に。

1曲1曲が短いので要点だけを的確に伝えることが出来るうえ
音符に意識が向かないので「手」に集中出来ます。

そして2ヶ月。

無理な力で崩れていた手は見事綺麗にフォーム
楽な力で弾けるようになりました!

おまけに
わずか4小節の4分音符と8分音符しかない単純な曲も
音楽性豊かに弾けるようになりました✨

順調に進んでいても
問題が見つかったら
無理に先に進まず

「初心にもどる」

とても貴重なレッスンが出来ました。

Vol.2から毎年演奏させて頂いる『団塊パワーLIVE in 嘉穂劇場』

嘉穂劇場 団塊パワーLIVE vol7

名前がステキでしょう^^? 

客席は座布団付きの桟敷席。ステージは裸足(笑)建物も風格あります。

嘉穂劇場 団塊パワーLIVE 2014 嘉穂劇場 団塊パワーLIVE vol7 桟敷席

残念乍らステージの写真はないです…。
演奏してるから当たり前か^ ^;

GS、ベンチャーズ、懐かしの歌謡ソング
そして、バンマスの爆笑博多弁トーク!

やっぱこれでしょ!

何度観に来られても皆さん心の底から笑って…、いえ(^^;
楽しんでらっしゃいます♪


今年は地域の運動会と重なって
例年より集客が少なかったとか。

と言う事で、来年は4月に行われるそうです♪

(気が早っ^^;)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。