2月に行った音楽かるた検定。

と言っても、そんな堅苦しいもんじゃないんですよ^^

市販の音楽かるた

音楽かるた

全50枚を一生懸命覚えて、3分で何枚覚えられるかな?
と言うゆる~い検定です^^;

強弱記号は習っている楽譜に頻繁に出て来るから覚えやすいみたいだけど
記号や表記号はイタリア語なので覚えにくいみたいです。

それでもみんな自分なりに工夫して
今回の検定は
とにかくまず「読める」ことからがんばりました!


で、今日全生徒の検定終了!

50枚完璧に読めたのは新中学3年生と4年生の女の子

音楽かるた検定4 音楽かるた検定3


あとは
もうちょっとがんばろ~ね^^;
の生徒さんや

49枚…!!惜しいッ!!
の生徒さん達でした。

2回目は記号の意味も含めた検定になるよ~♪


で、夏休みにはみんなで音楽かるたをしようね!
(写真は前回の音楽かるたゲーム)

音楽かるたゲーム1 音楽かるたゲーム2
スポンサーサイト

久々の楽器店♪

まずはお目当ての「楽器カード」!!

音楽カード1 音楽カード2

益子祥子先生のセミナーで教えてもらいました♪
CD付きなので早速聞いてみると
1楽器ごとにソロを演奏。
その後、楽器特有の曲が入ってました!

スゴイ!これは使えるぞ!!!

いつだったか、曲想を考える時
「ここはホルンのフレーズが合うよね~♪」と言った私の言葉に生徒は
「???」

ホルンがどんな楽器でどんな響きをしているのか分からなかったんです。。。

そうよね~。^^:
私はブラスバンドに入っていたので中学生の頃から色んな楽器に慣れ親しんでいたけど
そうじゃなかったらラッパ(トランペット)とヴァイオリンの区別くらいで
あとは想像もつかないですよね~。

と言う訳でこのカード♪
全部で31個の楽器のカードと音が入っており
これからの曲作りに大いに役立ちそうです!!


もう1つはこちらの連弾譜♪

きらきらピアノ ピアノ連弾名曲集1

これもネットでつながっている先生から教えて頂きました。

「きらきらピアノ」シリーズは去年から使い始め
中でも「ポピュラーメロディーズ」は男の子に大人気です♪

連弾名曲集もクラシックに偏らずこんな曲も!

きらきらピアノ ピアノ連弾名曲集3

全2巻、こちらが目次で

きらきらピアノ ピアノ連弾名曲集2


こちら ↓ のサイトで全曲視聴できます♪

きらきらピアノ こどものピアノ連弾名曲集 

ブルグミュラー25番や18番は定番の楽譜として今でも良く使ってます。

が、12番があったとは今まで知りませんでした…!

勉強不足に反省…!


ネットでつながっているピアノの先生方に教えて頂き早速ネットで購入。
今日届きました!
ブルグミュラー12番 ブルグミュラー12番解説


今まで12番には曲名や解説がなかったとか。
それを春畑セロリ先生やそのほかの著名な方々が分かり安く解説を入れ曲名を考えたそうです。


弾いてみると
1曲ごとのパッセージに一貫性があり、
曲集と言うより、テクニックの練習に向いてるようです。

ツェルニーの30番程度かな?
でも曲名と解説が付いてるので、番号だけの練習曲よりイメージが膨らみやすいかも♪

併せてCDも購入。
さ、これからどう料理していこう^^



年と共に心の底から「幸せ」と言う言葉を使わなくなったような気がします。
それもその幸せが「音楽で幸せ」と言うのは私にとってとても希少なこと。
おまけにそれが1日中続くと言うのは今までに何回あったでしょうか?(笑)


昨日は正しくそういう1日でした🎵

好きな音楽のおかげで何1つ「ストレス」と言う言葉のない1日。


好きな音楽の練習日であり、好きな音楽のコンサートでもありました。

3月13日コンサート

コンサート終了時の写真



コンサートで「彼」は

「音楽は一番神に近い言葉だ」と。

「良いフレーズはその天から自然に降ってくる」と。


私はミュージシャンでもオリジナルを作れる作曲家でもないけど、確かに弾いてる時にフワッと次のフレーズが0.1秒前に降りて来るんです(笑)

私は超能力者でもなんでもないですよ^^;
ただ、フワッと…。

そのフワッとした音に耳を傾けてそのフレーズを弾いた時、周りの状況が何も見えなくなりその「音」にだけ集中できるんです。

その「音」が他人から見る(聴く?)とダサくても、センスゼロでも、私の中では「幸せ」を感じる「音」なんです♪




今日のコンサートの主役はもちろん大本命ですが、いつも一緒に弾いているピアニストの倉田信雄氏も大好きなピアニストの一人なんです♪

決して脚光を浴びない立ち位置(すみません…!)なのについ魅了されてしまう弾き方、豊かなフレーズ、ピンと伸びた背中(関係ない?)が大好きで、密かに倉田氏のピアノに惹きつけられています♪



私のピアノの発表会は、ミニコンサートとホールコンサートを隔年で行ってます。

ミニコンサートは
「今年1年習った曲の中で、好きな曲をご披露する」
レパートリーコンサート。

ホールコンサートは、文字通り大きなホールでソロ演奏を経験する
誰もがみんなピアニストになれるコンサート♪

以前ミニコンサートは、「今年1年」と言う事で12月に行ってました。

ホールは2年ごとの「春」にしてたけど、抽選ではずれて会場が取れず
夏… 秋…とずれ込み
ミニコンサートと時季がかち合い、その年は会場を借りずに「学習発表会」にしたり。


おまけに、ミニとホールのそれぞれに「第何回」と回数を付けていたので
結局これって何年目のコンサート…?と分からなくなる始末。


と言う事で、今までの発表会を全て年代順に並べてみました。

発表会年表1

第1回目
「1981年5月10日 実家レッスン室」(笑)

今でも覚えてます♪
生徒さんの親がお見えになって椅子が足りなくて大慌てしたんですよ^^:

残念ながら集合写真が残ってない…。

ひよこ先生になったばかりの1981年。
当時は手持ちのデジカメも録音機器もなかったから記録を取ることを知らず、ただただ必死にレッスンしてたんですね。。。

発表会年表2

で、結局今回のミニコンサートは通算34回目と言う事が分かりました♪


次回からはこの回数で継続することにしました。
名前もミニコンサートとホールコンサートと称し
出来れば3月の初めに隔年で行います。


それから年表の35回目以降、2022年まで表作りました(笑)
2020年、東京オリンピックの年は40回目の発表会です

私のピアノの先生歴40周年の年でもあります^^


この年はミニコンサートだけど、ド派手にしようかな!?

土曜日に予約を頂く、先ほどとは別の大人の生徒さん。

来月から消費税が8%に上がることもあり、当教室のチケット代(大人の生徒さんはチケット制のため)も改正しようかと悩みましたが、何もかも上がる昨今、せめて趣味のお題くらいは、と料金は据え置きにし、60分1レッスンを45分変える事でご納得頂きました。

レッスンの始まりはいつも互いの近況報告等してましたので(笑)、その分がなくなったと言う事で、次の時間が詰まってなければ今まで通り近況報告(?)出来ますよ^^

と御説明したら

「出来ればチケット代が上がっても60分レッスン受けたいのですが」

と大変前向きなお答え!

まだまだ現役でお仕事しながらお孫さんもいらっしゃる、とても多忙な方なのです。


もちろん前向きに考えさせて頂きました♪


今度はクラシックに挑戦するそうです!
いつもは御本人が曲を決めるのですが、今回は私に任せて下さいました♪

どんな曲にしようかな~♪

大人のピアノレッスン3
仕上がった曲の録音を真剣に聴く生徒さん





土曜日は、お休みを使って大人の方が予約してレッスンを受けられることが多い日です。


学生時代に弾いていた「ピアノソナタ」をもう一度弾いてみたい…!


と夢を叶えるため、半年前にご家庭と子育て、
そして仕事の合間を縫って始めたピアノレッスン。

そんなすべてに多忙な生徒さんが


ピアノを復活して、やっと左手が動くようになったのですが、最近記憶力が良くなったような気がして ^^;」


と照れながらお話して下さいました。


いえいえ!

詳しいことはわかりませんが、指の動きと脳の向上には確かに根拠があるらしいです。



脳と指の動き


ピアノも弾けて、記憶力もア~ップ!!!




先月受けた石黒加須美先生の本が先日やっと来ました!

石黒加須美 乳幼児の発達とレッスン

またまたガツン!!とやられました…。

脳が育成する時期に適正なレッスンをする。


石黒加須美 乳幼児の発達とレッスン1


と言う事は2歳からレッスンできると言う事なんです。


人間の脳ってスゴイな。。。
もちろんそれに適したプログラムも必要ですよ。
この本にはその詳細も載ってました!



それともう2冊
今日、代休だったので楽器店に出かけたのですが
その帰りブックオフでたまたま見つけた本。

笑顔のコーチング 笑顔のコーチング1

「子供の笑顔を引き出す」と
「聞く力を育てる」
と言う見出しに弾きつけられました♪


今「笑顔のコーチング」読んでるのですが、引き込まれる!

笑顔って自然に生まれて、自然に相手に作るものって思ってたけど
違ってた…!!!

ちょっとしたスパイスで
自分も相手も「笑顔」にすることが出来る…!!!



これまたガツン!!!の1冊です^^:

多分この本のブログ書くことになるかもですね。

こうご期待…!?

大ホールと小さな会場で隔年で行っているピアノ演奏会♪

今年はミニコンサート~♪

去年まで使っていたヤマハ博多店の地下にあるe-サロン。
1階にズラ~っと並んだグランドピアノにみんなテンションだったのに
サロンが閉鎖…!

必死で会場探して、今年初めてこちらの会場で開催することになりました。

2014春のピアノのミニ演奏会6

去年から始めた「レッスン便り」を置いて…

2014春のピアノのミニ演奏会5

プログラム兼生徒紹介並べて…

2014春のピアノのミニ演奏会3

そうそう!
ミニコンサートの演奏順は毎回当日のお楽しみなんです♪
去年は「くじ引き」で演奏順決めたもんだから時間が押して^^;

と言う訳で、進行表の一番上には…

2014春のピアノのミニ演奏会4

「楽しく時間通りに!」の赤文字^^



今回は演奏順の他にサプライズを2つ御用意

1つは今回初めての抽選会~~~
商品は季節にちなんだ「桜」のお菓子

2014春のピアノのミニ演奏会1
写真以外にも商品用意しました♪


ただ番号言うだけじゃつまんないでしょ?

考えました!!

プログラムの隅っこに音楽記号!
抽選はこの前使った「音楽かるた」!!

2014春のピアノのミニ演奏会2


今年のプログラム1番の生徒さん

2014春のピアノのミニ演奏会9

私の演奏会は学年順でも名前の順番でもありません。

曲想を考えてプログラムに流れが出来るように毎回必死で考えます。
特にプログラム1番はすごく悩みます。

今までステージキャリアがある生徒
元気な選曲で明るく生徒度胸があること。

実はこれ、30年近く前の「大村典子」先生の著書に書いてあったことを今でもずっと守ってるんです。


大村典子先生の本については、ブログでも以前書かせて頂きましたが
自分が「楽しむためのピアノレッスン」をするにはどうしたら良いか
悩んでいた時の救世主のような本なんです。


会が始まる前と(左)、抽選会が終わってからの休憩時間では会場の雰囲気もずいぶん変わります^^

2014春のピアノのミニ演奏会7 2014春のピアノのミニ演奏会8

そして今回の演奏会で一番のサプライズが「表彰式」


去年からレッスンでも「きちんと褒める」ことをシールや小さな賞状にして形にして来ました。

今回演奏会では、長年続けて来た生徒さんを口頭では

「スゴイね、長く続けるって素晴らしいことだよ」
「ずっと続けてえらいね」

と、伝えて来たけど、形のない言葉は何度伝えてもすぐ消えてしまいます。



生徒の気持ちを大切に、今回から「継続賞」と言う表彰をすることにしました。

もちろん生徒には伝えていなかったので、本人はもちろん、ご家族の方々も大変驚きながら喜んでおられました。

2014春のピアノのミニ演奏会10

満面の笑みの生徒さんたち



ミニコンサートは、司会進行裏方全て私一人で大変だけどこれが結構楽しくって^^

来年はホールコンサート。
どんなコンサートにしようか、今からワクワクです


やっとプログラム出来た!
本番は明後日と言うのに、今回もギリギリですね^^;

春の演奏会プログラム1

春らしくお花でまとめてみました

生徒紹介の冊子兼用にしたので中綴じで製本テープの代わりに
今はやりのマスキングテープ!

春の演奏会プログラム2

これが実に良い!

種類が豊富で100均で買える!
(ここんとこ重要)

今年の演奏会はミニコンサート。
ホールと隔年で行ってるので会費もなし!
(会場費として御一人¥1000は頂きました)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。