FC2ブログ

子供の生徒さんも大人の生徒さんも、曲が仕上がる度に必ず録音します。

録音した曲はその場で聞くようにしてます。

大人のピアノレッスン

自分の曲を真剣に聞き入る大人の生徒さん


先月から練習を積み重ね曲を仕上げた生徒さん。
聴き終えてひとこと

「こんなはずじゃないのに…



そうなんですね。

演奏中は自分の想像通り弾けてる、と皆思うことが多く、いざ客観的に自分の音を聴くと

「え~~~っ!?ちがう~。。。」と落ち込まれることがあります(^^;

客観的に自分の音は聴けるけど、演奏中は思ったほど自分の音って聞いてないんですね。


想像以上に落ち込まれたので、 気分転換に得意の曲を弾いてみるも…、あらら。。。

精神的なダメージが意外につよかったようです(^^;


で、話題をかえようかなった思ったら。

「すみません。もう一度弾いていいですか?」と生徒さん。


「も、もちろんです!!!」


この意欲、この前向きな気持ちが大切なんです!!!


これは私がどんなに励ましても湧いて出て来るもんじゃありません。
自分で経験して、自分で気持ちを上げるしかないんですね。


弾く前に、自分の演奏を聴いて思ったこと等色々お話しもして下さいました。


大人のピアノレッスン1
演奏中


実は( *´艸`)

先ほど録音した準備がそのまま残っており、録音機器は生徒さんの背の方に置いてるので本人には見えないのですが、生徒さんが「もう一度」と言われた時点で本人に気がつかれないよう録音スイッチをポチッと押したんですね♪


生徒さんの 一喜一憂、曲の解釈、自分の演奏の事など、自然な会話が全て録音できました。
もちろん、その後に弾かれた演奏も♪


先日の益子祥子先生のセミナーで、毎月録音会をしていると言う話がありました。

私も曲が仕上がる度に録音はしてるけど、生徒の生の声は入っていません。

先生の「記録会」では、レッスンの何気ない様子を毎月記録しているそうです。



ステキなことですが、この何気ない、と言うのが生徒には難しいような気がして、私のレッスン生徒の何気ない様子をどのように録音したら良いか、丁度考えていた矢先。

何だか盗み撮りのような気もしますが(^^; そのことは後から断りを入れましょう♪



仕上がりの録音と別に、何気ない生徒の様子も定期的に録音し記録する。

これもこれからのレッスンに取り入れる事にしました(^^)/


何気ないハプニングから生まれた録音と、祥子先生のセミナーで得たことが上手くコラボした瞬間でした。


そして何よりも、生徒さんが自ら意欲的に取り組んでくれたことが、これが一番うれしかったな♪




スポンサーサイト