毎年この時期、福岡では大々的に音楽イベントが市内のあっちこっちで行われます。

私も3年前に岩田屋前のステージで演奏しました🎵
気持ち良かった~

実はいつも一緒に発表会やランチタイムコンサートをしている友人(アカペラコーラスグループ)も3年前から出場していて今年も応援に行って来ました!

新天町 時計塔の前
ミュージックシティ天神2013no1

絶対音感の持ち主4人組の美しい歌声がアーケード街に響きます♪
みんなキラキラしていてステキ☆彡
ミュージックシティ天神2013no2

道行く人も思わず足を止めてしばし癒しの空間へ
ミュージックシティ天神2013no3

私も音楽続けていて良かった^^

スポンサーサイト

このブログにも何度か書いている「録音」の記事。
私のレッスンでは曲が仕上がる度に曲を録音してストックしてます。

曲を仕上げてそのままお蔵入りにしないよう、毎回こうして録音→視聴→保存してます。

録音曲視聴中


今日も1曲仕上がった生徒さん。
自分の曲を聴いてちょっと気まずそう…!?

弾いてるときは弾くことに必死になって気が付かことも多々あります。
自分では「弾けた🎵」と思っても、客観的に自分の曲を聞くことで気が付くことも。

冷静な耳で自分の音をきちんと聞く。
とても大切なことですね^^

今日もまた、レパートリーが1曲増えました



ちょっと気が早いかもしれませんが、
生徒が自分の練習の成果を書き込む2014年カレンダーを買いました!

2014年のカレンダー


年末ギリギリになると可愛いのはどんどんなくなるので
今回は早目に準備です!


去年から
「練習したら、自分にご褒美シール貼ってね♥」と始めたカレンダー。
詳しくはこちら↓をクリック

カレンダーの活用法

カレンダーとシールの効能



シールを初めて9ヶ月。
シール効果の出た生徒と、毎回貼り忘れてレッスンの日に思い出しながら慌ててシールを貼る生徒に分かれました。

↑これじゃ意味がない!!

て、怒ってる場合じゃないですよね~。
年始まで三ヶ月あるので、その間にどうにか良いアイディアを練り直さなきゃいけません(^^;

何かないかな~。。。

いつものように、いつもの時間にお伺いしチャイムを押しても返答が無い。

「???」

電話するけど留守電にもならない。

「何かあったのかしら…?」

先週お休みだったから2週続けてレッスンお休みにする事はないのに
お出かけ…?
のはずないよね。。。

とにかく全く連絡がつかない。

日頃からとても几帳面な方で、どちらかと言うと慎重。
お願いしたことは何でも頑張るお母さんです。

何かあったんじゃないかと心配

1時間ほど待って、それでも連絡つかないのでメールして書き置きして次の生徒さんの家へ。

間もなくして電話が掛かってきました。

「今日レッスンだったんですか?分からなかった!」と生徒のお母さん。




勘違いは誰でもあります。

でもお知らせもしてるし、曜日もお時間も決まってるし、先週もお母さんの都合で休まれたから2週続けてお休みにする事は決してないし。

「分からなかった」と第一声に言われたのはショックでした


週に1回の習い事。
出張レッスンの難点は容易に振替ができないことです。

2週お休みすると20日あいだが空いてしまうことになります。
その間、前回のモチベーションを持続することは難しいことです。

レッスンを忘れないためにも、私を忘れないためにも!?(^^;
生徒さんにお葉書を書きました


週に1回しかないレッスン。
今後のためにもお休みが連続しない対策を考えなければ!





夢を叶えたくてピアノを始められた生徒さん。
とても可愛いお孫さんがいます♪

今挑戦している曲は久石譲のinnocent。
音楽が好きなお嬢さんから勧められた曲です。


少し悲しげで、それでいて心に優しくゆったりと流れるメロディー。
それを包み込むように重なるハーモニー。


本当はそんな風に弾きたいんです。

でも音符に邪魔されて、次にこう弾かなくちゃ、あ、間違えた!
どうしよう…

焦る気持ちに、心に描くはずの風景がどっかに飛んで行ってしまいます。

イントロは左から右え続くハーモニーのアルペジオ。
テンションコードが心をくすぐります^^

「どんな風に弾きたいですか?」と尋ねると、恥ずかしそうに

「森の中にこぼれる木漏れ日のように弾きたのですが…


素晴らしい想像力です

「じゃ、こう考えましょう♪ 木漏れ日の溢れる森の中を歩いて下さい。
 聞こえて来るのは風の音と葉擦れの音。そして、遠くから聞こえて来るこの曲♪」

短くお話したあと、しばらくその世界に浸って頂き

「その曲を耳を澄まして聞いてみましょう♪」

と言って弾いて頂きました。


凄い!!!

さっきまで焦りの中で弾いていた音が、木漏れ日の中から聞こえて来る響きに変わりました!


そう、何も難しいことはしてないんです。
ただ心の中に、自分が聞きたい音を想像してその音を奏でただけ♪
たったそれだけなんです^^


最後まで弾き続けるには技術的に難しいところもあります。
そこへ来ると「弾けない…!」と言う現実に戻されます。

でもそれで良いのです^^

出来ないところが分かったら、そこを集中補修!

いつか必ず出来るようになります。


それよりも大切なことは、自分が聞きたいと思う「音」を想像し、その音へ近づくこと。


ちょっと難しいかもしれませんが、演奏と言うのは弾くのではなく客観的に自分の音を聞くこと。
求める音と弾いた音が一致した時
きっとそれは演奏の喜びに変わることでしょう。

大人のピアノレッスン

集中することが苦手な生徒さんっていますよね?
と言うか、大人でも集中することはとても難しいことですよね。

それが色んな事に興味のある子供達にとって1つのことをじっくり考え
行動に移すことは尚更難しいんじゃないかしら?


まだ4歳と9ヶ月の生徒さん。
ピアノを習い始めて4ヶ月です。

習い始めの頃はお母さんにベッタリとくっついてました。

幼児用の音符カード、リズムカード、りんごカードetc…。

5分おきに、いえもしかしたら3分おきかも(^^;
あの手この手でカリキュラムを変えても一向にのって来ない(悲)

声色変えたり顔変えたり(苦笑)

色々工夫しても興味のあることしか集中できません。


ところが!
今月に入った頃でしょうか。3分…、5分…10分!?

集中力、自主性、達成感!
もの凄~~~い進歩なんです!!!

確かに私もどうすればレッスンに興味が湧くか
どんな方法を用いれば自分からレッスンに取り組むか

前の晩にしっかりと綿密にシュミレーションしてました!!

ま、シュミレーションしたところでその通りになるはずもなく
毎回修正させられてばかりでしたが(^^;


ところがここ2~3週刊の進歩は修正どころか、私の予想を遥かに超えてるんです♪♪♪

出来ないことが出来たときはまるで自分の事のように思いっきり喜び褒めます。
その時の表情がとびきり可愛いんです(≧∇≦)

ちょっとはにかんで、ちょっと微笑む♥


ピアノを習うって出来ないことの連続です。

大人でも凹むくらい。

それがたとえ小さなことでも、目に見えないくらいちょっとのことでも
出来るようになるって凄いですよね

まだ4歳なのに。
子供の能力って凄いな~。

幼児のレッスン



なかなか治らない生徒さん達の潰れた関節に硬い手首…

と言う訳で一斉に指体操を取り入れることにしました!

指体操2 指体操1 指体操3 指体操4

机の上でもピアノの蓋の上でもOK!

「ぎゅ~」と集めるときは指の関節がしっかり立つように

「ふぁ~」と手首を持ち上げるときはお化けの手でしっかり脱力!

「ストンと着地」は脱力と手の中の空気がポイント!


レッスン前の1分間。全て両手で行います。
続けたら少しは変わる…?

連休に異なる3種の本を購入しました。

藤拓弘 ピアノ教室が変わる


藤拓弘『ピアノ教室が変わる』

全シーリズを含め、似たような本を読みあさりました。
ずっと引っかかっていたレッスン方法の疑問。
色々読んで長年作り上げて来たピアノレッスンを只今大改革中!


iTunes11
Windows8に変えた時、うまく移行できなくて今までの曲を何千曲も迷子にしてしまいました(涙)
ちゃんと使いこなしたい!
の一心で買ったけど…、やっぱり難しい。。。


お洒落なHPのデザイン
もっと自分のレッスンに対する気持ちを伝えられるHPにしたくて買いました。
時間は掛かるけどHTMLで書かなくて良いので楽です♪
あとは文章能力だけですね^^;



全く異なる本みたいだけど、実は全部ピアノレッスンにつながってます。


20代の頃、実家で立派なレッスン室もあって生徒もわんさか(笑)いたころ
もっとピアノレッスンに関する情報が欲しくてもほとんどなくて
「何か違う、もっと楽しいレッスンアイディがあるはず…!」
レッスン方法に飢え、日々悩みながら結局自分の世界観だけでレッスンしてました。

50代になり、ネット社会のおかげでたくさんの先生のレッスンに関する情報を知り
ますますピアノレッスンが楽しく、レッスンに情熱を燃やせるようになりました。


もっともっと子供たちが「ピアノ楽しい!」と言ってもらえるレッスンになるよう
勉強します!!!

小学校中盤になると、子供たちにも自我が目覚めレッスンに対する態度も少しづつ変わってきます。

低学年頃は、真っ白な心で全てを受け入れついて来てくれます。
だからこの時期のレッスンは音楽に対する素直な心が育つよう、且つピアノを弾く大切な基礎が身に付く様とても慎重になります。

小学生中盤になると、自分の気持ちがしっかり育ってきます。
「そうじゃない」
「こうしたい」
私の要求と異なることもたくさんあるでしょう。

その時に気持ちを上手にコントロールできないのがこの時期ではないでしょうか。


幼稚園児数人で入門した生徒が、ちょうど今小学生中盤になりました。
自我に目覚めていない生徒さんもまだいますが、半数以上の生徒はしっかり自分を持っているようです。

でもそれを口に出す勇気も経験もありません。
だから彼らは態度で表そうと必死です。

声をかけても知らん顔をしたり
わざと違う話をしたり
つまらない表情をしたり
etc…。

そう、彼らのささやかな抵抗です。

「私はそうしたいんじゃない!」
と、思ってる生徒さんがいる時は、表情や態度でわかります。

そういう時は優しく声がけをして、閉ざしてしまった心を解きほぐして行きます。
でも一旦根強く閉ざした心は中々開くものではありません。

上手く気持ちが伝えられず泣き出す生徒もいます。
また最後までささやかな抵抗を貫き通す生徒もいます。

中にはそれが度を過ぎるまがままな時もあります。
「自分はしたくないけど習ってやってるんだ」と言わんばかりの横柄な態度の時もあります。


ささやかな抵抗の度を越えたとき、私ははっきりと
「先生はもうここに来なくても(全て出張レッスンのため)良いのよ」と言います。

何も変わらなかった生徒の時、実際帰った時もあります。
もちろんその後の親への連絡、次のレッスン時への配慮も怠りません。

その生徒も、自分の気持ちを爆発させたことでレッスンへの意欲が180度変わりました。
積極的に楽しみながらピアノを弾くようになったんです。


子供たちによってささやかな抵抗の理由も態度も様々ですが、
私が帰らなければならなくなった経緯も理由ももちろろんきちんと説明します。
するとこの時初めて子供たちは事の重大さに気付きます。

長年ピアノを習っていると友達や家族と同じ感覚になり
「なんでも許される」
と、考えを持つ事もあるでしょう。

何が許されて、何が許されないのか。
子ども自身で答えを出すことが難しい時「ささやかな抵抗」が生まれるのかもしれません。


またその「許されること」と「許されないこと」のライン引きは
「先生」としての経験を積んでいいかないと難しい事かもしれません。



勢力的にヴォーカル活動されてる大人のピアノレッスンの生徒さん。
弾き語りがしたい♪と言う夢を叶えるために、昨年入会されました。

元々昭和歌謡が好き♥、と言う事で今月からいしだあゆみの「ブルーライト横浜」の弾き語りに挑戦!

もちろんピアノ譜なんかありません。
全てコードからのアレンジです。

コード譜で


「ここはしっとり、波止場に佇んでいる感じだからしっとりと、ここの音域で、こんな風にしよー🎵」

とか^ ^

「こっからトボトボ歩き出す感じのアルペジォ!」

「先生、指が動きませ〜ん💦」
「じゃ、まずベタ弾きにして…」

とまぁこんな感じの緩〜いレッスンですが、仕上がりいはgoodですよ^ ^

だいたい昭和歌謡を弾き語りしてる人って殆ど見ない…???

彼女の声と、当時のメロディーがピアノのシンプルで豊な響にマッチしてて、LIVEで歌う彼女の姿が目に浮かびすっごく楽しみ〜♪(≧∇≦)


さ、今度は子供達のレッスン♪
今日はどんな仕上がりになるのか!?

楽しみ〜♥

夜中まで仕事してま~す♪
だから午前中は寝てま~す…、と、最近は言ってられなくなりました

午前中に(と言ってっも一般人よりかは遅いのよ^^;)ピアノの練習とかレッスンの事前準備とか夕食の用意、洗濯…を全部済ませ、いざ出陣!

あ!ご飯食べるの忘れた!!!

なんて事もしばしば


実は昨日も食べるの忘れて合唱のお仕事へ。
当然のごとくピアノ弾きながらグ~。弾いてない時にもグ~

終わったらレッスンへ急行!
30分しかないのにコンビニでレッスン用にコピーして、ついでにおにぎり買って、車の中で口に押し込んで

すべて出張レッスンだから、時間に追われながら移動 移動 移動

帰って来たら30分でご飯食べて着替えて夜のお仕事へ★

^^; 何か勘違いされそう

ライブハウスで演奏です♪

で、シンデレラタイムに終わって帰りにスーパーに寄って食材のお買い物。
最近は24時間なので夜中族には助かる~♪

真夜中だけど結構人多いですよ。

真夜中に夕食食べてやっと私の時間♥ の時もあれば内職(テキスト作ったりパソコンで作業したりヘッドフォン付けてピアノ練習したり)に追われて終わることも。

ほぼこんな感じで1週間。
とあるピアノの先生が1日50時間欲しい!と言ってました。

でも50時間あったら44時間は働いてるかも(^^;
差し引きの6時間は睡眠ね★

でもね、ぜ~んぶ音楽に関わることだから頑張れるんだと思います^^♪

さ、もうすぐ週末♪
連休だ~~~い♥(^^)♥

毎週地域のお母さんコーラスの伴奏をしている合唱団の指揮者と打ち合わせの日。

間の取り方やテンポの緩み等、日頃2時間の練習時間でできない事を細かく打合せ(練習)します。

物作りをしている時間ってすごく好きです♪

昔から図画工作が好きだったんだけど関係あるのかな…?^^;

打ち合わせの後は美味しいお茶の時間

この時間も大好き^^♥

美味しいお茶を頂きながら色んなお話に興じます。
ほとんど音楽の話だけど、その中で先生が

プロの厳しさを知ってらっしゃるのね」と仰った言葉が一番心に残ってます。

もちろんプロの方の足元にも及ばないので

「いえいえ!まだ甘ちゃんです」と即答。


私にとって大変嬉しい言葉だったので素直に受け止め精進します!!

アクロスシンフォニーホール1
前回の「40周年お母さんコーラス」会場のアクロスより

練習してるのに中々上手くならない生徒がいます。

おかしいなぁ〜、ちゃんと練習してるのに、
いつまでも両手でモタモタ💦
片手で弾いても目がウロウロ👀💦

『ねぇ◯◯君、片手ずつ歌ってみた?』

あくまでも優しく、やさしく、ヤサシク…ね^ ^

「???」

『え…、歌わなかったの?』

あくまでも優しく、やさしく、ヤサシク…^_^;

『じゃ、読んでみようか^^;』

「???」

怒っていけません(ーー;)
生徒が悪いんじゃないんです。
練習の仕方をきちんと教えてなかった私が悪いんです。

ホントは教えたんだけどな〜。
余りにも地味すぎて
記憶に残らなかったんだろうな…。


反省…(T . T)

と言う訳で、今頃ですが練習の仕方のプリント作りました!

image_20130910160933a13.jpg

末尾に自分で考えた練習のアイディアも書き込めるようにしてみました🎵

あわよくば…?
そのアイディアをレッスンに使っちゃおう!(≧∇≦)って魂胆です(へへへ)

もちろんその練習の仕方にはその生徒の名前を付けて永久登録します!
(大袈裟…?)

さて、どんな結果が出るかな…?


今日はレッスンが1件。
それと溜まりにたまった洗濯物と(^^;掃除を頑張った!

久々の半日休み。

やっと映画(DVD)が見れる~🎵

と言う事で、ずっとお預け状態になっていた「レ・ミゼラブル」がやっと見れた(*^0^*)

  🎵ワーイワイ🎵

今頃…!?って感じかもしれませんが
ハイ、今頃です(^^;

レ・ミゼラブル


感動!

アン・ハサウェイが顔の表情だけで全てを表現して歌った「夢やぶれて」は凄かった!
あれってアフレコ?じゃあんな歌い方出来ないよね?

劇場で見たらもっと凄かっただろうな~♪

残念だけど、部屋真っ暗にしてお気に入りのソファーで寝そべって
ヘッドフォンのボリュームMAXのちょっと手前で聞きながらのDVDも好きなのよね~^^;

DVDでこれだけ感動するなら、本物のミュージカル観たらもっと凄いね!?
だったら…、

子供達(生徒)にも本物のミュージカルを味わってもらいたい!(≧◇≦)

と言う願いは実現出来る…!?

従妹のフラメンコの発表会を観に行きました。
毎回観に行く度に心臓がバクバク
親心…?(苦笑)

今年も早々にレッスンを切り上げて(ごめんなさい!)
会場最前列!!

事前に上手で踊るって聞いてたから場所も確保!

去年は事前に聞いてなかったので最前列に座ったのにも関わらず
従妹はステージの反対側…!(>_<)


観劇するのも今年で4回目。
生徒達の発表会と言ってもスゴク質の高い発表会で、800名以上入る会場はいつも満席!

それに本場スペインのギターとカンテが演奏するのでそれだけでも見ごたえがあります。

フラメンコ1

フラメンコ2 フラメンコ3


いつも演奏と言うステージ側にいる私。
こうやって観劇する側にいると、自分がいつもどんな風に観られてるのかが客観的に分かります(^^;

フラメンコの事はよく分からないけど、
緊張のせいかな、周りばかりを気にして小手先だけで踊ってる人と、
骨の髄まで踊りに集中している人。

やはり見入ってしまうのは骨の髄まで踊りに集中している人ですよね。


私もそんな目で見られてるんだろうな~
時々うわの空で演奏している、何とも緊張感のない私…。
反省しました

今年も感動をありがとう!


従妹のステージが終ったら、大急ぎでマイステージへ

彼女のおかげでいつもと違う演奏が出来た…!?
ような気がします(^^;




9月の箱崎水族館・ランチタイムコンサート、最後の練習日🎵

9月の箱崎水族館ランチタイムコンサート

今回は竪琴(リラ)やリコーダーが入って心安らぐランチタイムになりそうです🎵

プログラムは以下の通りです♪
*注)「メモリー」のピアノ 中原→木下に訂正です

9月の箱崎水族館ランチタイムコンサートプログラム

いつものランチタイム、ちょっと気分を変えて音楽と共に如何ですか?
(入場無料・要オーダー)

9月9日 月曜日 12時~13時
福岡市東区 音楽喫茶・箱崎水族館

7月から6週にわたり、全生徒にレッスン前の5分トレーニングを使ってアプリのおんぷちゃんとリズムくんをしました。
音感が良かったり、リズムが良かったり♪

ピアノではうまく表現できなかった子も、意外なところに才能が隠れてたり!
今まで気付かなかった一面がいっぱい出たアプリ学習。今後のレッスンに活かせそうです^^


おんぷちゃんりずむくん結果発表
おんぷちゃんりずむくん結果発表2

集計表は名前なし学年のみにし、それぞれ結果に対してコメントを書き全員に渡しました。
子供たちはまるで通知表をもらったみたいにドキドキしてました(笑)

トップ賞や部門賞に分け、全員に行き渡るようささやかな商品も用意しました♪

プレゼントをもらった生徒さんの顔はニッコニコ(^^)/
これからの励みになると良いな☆

先日2006年まで教えていた生徒さんから
「帰省するので会えませんか?」と嬉しいメール♪

私の手元を離れても連絡を頂けるなんて、先生として心から嬉しいお便りです。


彼は小学校1年から高校3年まで、10年間ずっとピアノを続けた生徒の一人。
高校ではマーチングのフルートを吹いていました。
丁度映画の「ブラスト」があった頃です。

大学進学でピアノを辞めた後も、大阪の大学のオーケストラでずっとフルートを吹き音楽に携わっていました。

嬉しいですよね♪

実は、4歳離れた弟さんも一緒に習っていたけど、彼はどちらかと言うと運動少年。
中学ではテニス部に入り、部活を頑張りたいからと
お兄ちゃんの大学進学の頃、一緒にピアノを卒業しました。

そんな兄弟と、7年ぶりに再開♪

17年後の生徒とランチ

まぁ~、立派になってる~(≧◇≦)
お兄ちゃん大学院生(来年就職) 弟、大学4年生!


で、一番驚いたのが、弟君が埼玉で音響関係の大学に進学してたこと!

テニス少年で、ピアノの練習を上手にごまかし(失礼^^;)てた少年が
音楽関係の勉強をしてるなんて…!

「演奏じゃないですよ~」と恥ずかしそうにひとこと。

いいのよ~^^v

演奏じゃなくてもピアノで習った「ドレミ」がどこかで活かされるはず!
嬉しい~~~♪


お兄ちゃんはこれからも趣味でフルートを
弟君はいつかデッカイ野外ステージでPAをするのが夢だそうです
*PA:電気音響設備を用いて公衆伝達(PA:Public Address)を行う技術者


6年目の嬉しいお便り。
次回会うとき先生は還暦…?^^:


記念に、お兄ちゃん初めての発表会の集合写真を載せちゃおう

1996年ピアノ発表会

どれか分かるかな~?この時彼は小学校1年生です♪

去年から一人1冊づつノートを持たせてるけど
何かいまいち上手に活用できなくて
宿題とかお知らせを書くだけの、あまり意味のないノートになってました(反省)

そんな折
ムジカノーヴァやFacebookで知り合った先生たちのおかげで
私のレッスンに大きな影響が。

そしてずっと思い悩んでいた「ピアノレッスンノート」に新たな革命が

ちょっと大袈裟^^;?

「生徒がやめない!ピアノ教室」を書かれたますこしょうこ先生。

ご自身もセミナーで講師をするだけに留まらず
80名を超える生徒さんをお持ちのピアノ教室の先生です。

その先生の本にも書かれていた「ピアノレッスンノート」

ピアノレッスンノート

ピアノレッスンノート1 ピアノレッスンノート2


まぁ~、これが私のハートを射止めた訳ですよ

早速ノートの下準備に取り掛かりました!

ピアノレッスンノートのアイディア

この他にもしょうこ先生は年4回のコンサート、生徒による慰問演奏会
毎月テーマを決めて全生徒の行う5分間ポイントレッスン
作曲の宿題、冬休みノートの作成
毎月手書きで発刊しているピアノキッズと言うかわら版
毎日アップしているブログ…etc

まだまだ書ききれない…!

ご家庭もあって生徒が80名以上もいて本も書いてセミナーもして…。

スゴ過ぎる!!!



爪の垢、煎じます^^;


4月から、と思ってたけど
新年から1年間使うという発想は生徒にとっても
気持ちの変わり目として良いかも

しょうこ先生のアイデァ、練って練って練りまくって^^;
レッスンに活用するぞ~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。