毎年夏休み前になると、秋に開催される合唱コンクール伴奏者のオーディションがあります。

夏休みにストレートパーマーをかけてちょっと大人っぽくなったレッスン歴9年の生徒さん♪

自主的に伴奏者決めオーディションに参加しました

見事合格

今月に入り伴奏曲を自主練習して持って来ました♪

難しい…

けど

弾けてる…!!!


って私が驚いてはいけませんね



ピアノ曲はソロ曲が多く、自分の世界観でピアノを弾きます。
でも伴奏となるとソロ曲とは全く違った素晴らしい経験をします。

テンポをキープしつつ指揮者に合わせる。

演奏ってとかく自分の事に必死になるものです。
それを押し殺して指揮者の呼吸を読み取り演奏しなきゃいけません

また、歌を引き立て且つ自分は美しいハーモニーを奏でる。
おまけに、間違えたから弾き直す…、なんて事勿論出来ません!


聞いただけでも大変でしょう?


なのにどうでしょう♪

難しい伴奏曲も何のその!
(本当にこの曲、終盤が四声になっていて大変だったんです)

私から言われたわけでもないのにきっちり譜読み&練習してました!

素晴らしい


いつの間にか、ピアノを習うことで「責任感」と言う社会性も身に付いて来てるんですね。

やっぱり素晴らしい

伴奏にも挑戦!



スポンサーサイト

一ヶ月半かけて全生徒に行ったアプリ「おんぷちゃん」「リズムくん」の結果が徐々に判明して来ました。

あ~。。。

あ…。

今まで頑張って弾いて来たテキストは何だったの~~~

と泣きたくなる生徒もチラホラ。


と、嘆いてる場合じゃありません!

レッスン歴6年の生徒さん。
ブルグミュラー後半、いえいえソナチネレベルの演奏をします。

でもそれは全て耳コピーによるもの。
つまり目で音符を見てなかったんです…!

今頃気付く私も悪いのですが、直すなら

今でしょ!


あえて今回は鬼になってこの本を使いました

ピアノひけるよジュニア ピアノひけるよジュニア②.2

写真は②ですが、①から②までノンストップ

私の伴奏に合わせ、2冊丸ごと初見アンサンブルです

まずはピアノひけるよジュニア1
これで間違える訳ない!と私も本人も思ってたのですが

結果は

「・・・」

1冊目終わって二人とも無言&苦笑い^^:

え~~~い!
そのまま2冊目に投入だ~い!!!


生徒さんの目が血走って頭がテンパっても止まらない

楽譜を見てね!

音符読んでる?


まるでマラソンランナーの走者と伴走者です

ん? 奏者と伴奏者!?



2冊目が終った時は二人ともクタクタ

でも、生徒さん

楽譜を読むと言う事
音符を歌うと言う事

に気付いたようです。


ヨシッ!!

ハウステンボス14
昨日はハウステンボスにあるJRホテルオークラーでwindyのディナーショーです(^^)/
JRオークラハウステンボス2  ハウステンボス10


リハ中♪
ハウステンボス12 ハウステンボス13

演奏中♪
ハウステンボスディナーショー4 ハウステンボス11

ホテルオークラ内の一番大きな部屋が狭く感じるほど一番後ろまでお客様がいらっしゃいました。
嬉しいですね(^^)

今回もバンマスの爆笑トークを交えながら楽しく&気持ち良く演奏させて頂きました♪

泊まりの仕事だったのですが、まるでリゾート気分♪ 部屋からの風景です。

JRオークラハウステンボス


次の日は雨も上がりハウステンボスへ~~~(^0^)/*

ハウステンボス6

ワンDayパスで時間の許す限り(夜はwindyがあるから^^;)園内を満喫!
アトラクション色々乗った(入った?)けど一番面白かったのはアートトリック展。

ハウステンボス8

これ全て平面画なんです。
ハウステンボス9

ハウステンボス7

不思議な錯覚でしょ~。


今回も、と言うか毎回ですね^^; 公私共に満喫しました(^^)/

「じゃ、こんな風に弾いて来てね♪」

と練習内容を説明しても、
小さな子供は翌週のレッスンで「???」て事が多く

もうこなると怒り通り越して笑うしかないですよね~

1年程前から、レッスンの大事なことはデジカメで録画する様にしました。

最近のデジカメは簡単に録画出来る機能も付いており、
生徒さんの中にはマイデジカメを持ってる人もいるんですよ~。


写真の生徒さん、先月迄デジカメだったのですが、
充電が上手くいかなくなったこともありiPad+スタンドに変更したんです。

便利なipadスタンド


もうこれがめちゃめちゃ便利


以前、私もiPadをレッスンに使ってたのですが、スタンドがあるとは思わず
手に持って録画してたので両手が使えず
弾き方等片手でアプローチしてたんですね。


でもこの生徒さんのiPadは、専用の取付器具に従来の三脚を立てたので、
好きな角度から録画。

気になるとこを見つけたらその場で即再生!

効果的~*\(^o^)/*

このお話別の生徒さんにもしたら、ネットで早速調べてました^^

もちろん私も♪

まだまだ未完成のピアノレッスンノートですが

生徒が自主的にレッスンで何を習いどんな方法で練習したらいいのか

レッスン中に録画したビデオみながら自主的にレッスンノートに書きます。

(ピアノレッスンノートはただいま思案中。来年を目標に作るぞ~!)

私からの「質問」(必ず青字で書きます)もそれはそれはざっくりで(^^;

「今日は何を習いましたか?」

「何に一番気を付けましたか?」


とすんごい大まかな^^;


もし私が細やかな文章で質問を書くと
子供たちは単語で一言「ゆび」とか「てくび」としか書きません。

生徒の自主性を大切にしたくてあえてこの様な質問の出し方にしました。


さてさて、
ブルグミュラー9番を弾いているレッスン歴4年の生徒さん。

先週のレッスン終了後

「この曲はどんな物語ですか?」

と言う質問をノートに書いたところ
こんな風に書いて来てくれました

(クリックすると拡大できます)
曲の解釈

素晴らしい想像力

そうそう!
ピアノを弾くにはこう言う想像力が大切なんですよね

先週のピアノレッスンの時、何気にピアノの横の棚を見てみると…。

絵馬

生徒さんが6年前の初めての発表会の年、初詣に行った神社で書いたそうです♪

何か嬉しい

にしても、ピアノの真横の棚なのに6年間も全然気が付かなかったなんて、

いや~ね(^^;

映画は大好きで、オフの日は必ずと言って良いほど映画を見ます。

普段は深夜に、ヘッドフォンで音量MAXのちょっと手前にして、映画の世界にのめり込みます。

良く観る映画はCGバリバリのSFや、人生やファミリーもの等。
非現実の世界に自分を連れて行ってくれる映画が大好きです♪

そこにはいつもセリフと現実に有り得ない風景、そしてキラキラと輝く色があります。
それが当たり前だと思ってずっと映画を観てました。


今回観た「The Artist」は、映像はシロクロ、CGアクションなし、台詞なし。

映画アーティスト


チャップリンのDVDでサイレント映画は随分昔に観たことあるけど、
映画慣れした今、あえてサイレントを観ようと思うことはないですよね。

これまでの映画は、観ていれば映画の方から全て与えてもらってました。
自分が想像しない世界でも、映画が勝手に素晴らしい未知の世界を教えてくれるです。

それがこの映画では、音楽がすべての効果を醸し出してるんです。
こんなにも想像を掻き立てられる映画は初めて!と言っても良いかも。

主人公のそばをずっとついて離れない「アギー」も、可愛いくて賢く素晴らしい名脇役犬でしたよ^^

映画アーティスト 名犬アギー



今この時代の音楽がずっと頭に流れてて急に弾きたくなったのが、
SING, SING, SING" BY BENNY GOODMAN


早速ぷりんと楽譜で購入!

こ~ゆ~時ってぷりんと楽譜って便利ですよね♪

おまけにこの映画を観て
以前からずっと気になってた「音楽=想像力」をどうレッスンに取り入れるか
アイディアが具体的になりました

やっぱり映画の力ってスゴ~~~い

今までに、たくさんの大人の方を教えて来ました。
現在も30代~60代までの生徒が数人在籍しています。

大人のレッスン1 大人のレッスン2

こどものレスナーに比べると3割程度ですが
夢を叶えるのに年齢は関係ありませんよね♪

こども時代に習っていたけど何らかの理由で辞めてしまった方、
大人になって生まれて初めてピアノに触れる方
バンドのキーボードとして弾けるようになりたい!と趣味を極める方
弾き語りがしたいとヴォーカルから転向される方等々
みなさん一様にピアノが弾けるようになりたい!と強く希望されたばかりです。


理由は色々あるけれど、皆さんの夢はただ1つ

「好きな曲がピアノで弾けるようになりたい!」

です。



でも今更、

  音符が読めないし

  指が動かないし

  理解力ないし

  記憶力ないし

  時間がな~~~い!・・・etc

「習いたい!」気持ちは誰にも負けないのに、
「入門」する前に皆さん二の足を踏んでしまうようです。




ある生徒さん(60代)が体験レッスンの時

「こどもの時に聞いた乙女の祈りが忘れられなくて…」と一言。



また40代の主婦の方は

「実は…、ベートーヴェンの悲愴が弾きたいけど今更無理かも…」

恥ずかしそうにそう仰いました。



50代の男性は

「友人の結婚式までにピアノが弾きたいのですが…」


皆さんとても素晴らしい夢があるのに、必ず「でも・・・」がついてしまいます。


そうですよね。
大人だからこそ、そこに立ちはだかる音符の壁、指の壁、能力の壁etcが見えてしまうんですね。

でも
でも
でも

に惑わされず、夢を叶えるためにまずは勇気を振り絞ってピアノの門を叩きましょう♪

何とかかんとか、緊張しながらもピアノに座れば、あとは私が自動操縦します^^

「この曲の中で一番好きなところはどこですか?」

「ここ…かな?」

「ハイ!それでは、そこから始めましょう^^」


「え…っ???」

ハイ♪ みなさん一様に驚かれます^^
でも私は、好きなところからレッスンを始めます♪


こどもの頃、目玉焼きの黄身が好きで「あとから食べよ~」ととっておいたら、
横にいた兄から「パクッ!」と食べられてしまいました・・・!
せっかくとっておいたのに~(涙)

大好きなイチゴのケーキ、あとで食べよう♪
とっておいたけど晩御飯でおなか一杯。
ケーキを食べる時にはお腹がパンパン美味しいんだか何だか…。


なんて経験したことありません?



そう 一番美味しいところを「〇〇の後に」ととっておくことはないのです

何かたとえが違うかもしれませんが^^;


だいたい好きなフレーズは曲の中盤にあること多いですよね?
1ページ目から読みにくい音符を必死で読んで
動きにくい指で必死で練習してたら
大好きな曲も疲れ果てていつ終わるかもわからなくなってしまいます^^;


夢を叶えるために
私の大人のためのピアノのレッスンでは、

大好きなところを一番最初に弾きます

好きだから、読みにくい音符も動きにくい指もきっと頑張れるはず。


弾みが付けば、もう大丈夫♪
弾きにくくて飛ばしてしまった他のメロディーも少しずつ自分のペースで練習しましょう♪


大人のピアノレッスンに限らず、
ハードルが高いな~、と思う曲(こと)があったら
自分の好きなところ、出来るところから始めるだけで突破口が見えてくることでしょう。



怖がらないで

夢は必ず叶います

大人のレッスン3

6月から生徒全員に始めた「おんぷちゃん・りずむくん」アプリ

レッスンの初めの5分間ワークで、全8回音あて、音符あて、リズムの3種を行うアプリレッスンもそろそろ皆さん終わりに近づいて来ました♪

瞬時に点数が出るので、皆さん俄然張り切ります

それが狙いです

りずむくん りずむくん2

画像を拡大すると分かるけど、右側の画像の左端。8回行った今までの点数表です。

ね♪ 少しづつ点数上がってるでしょう?
おまけに今回は満点です!

全員終わったら集計して、全員に結果をお知らせします。
あ、もちろん誰が何点なんて無粋なことはしませんよ^^


レッスン始める前の5分間ワーク。
これがスッゴク効果あるんだな~♪

次回は何しようワクワク

8月のレッスンは今日から♪

と言っても1週間ぼーっと過ごしてたわけではなく、演奏ツアーに出かけたり週末はクラシックギターとの初LIVEがあったりと、隙間時間に練習や仕込みに追われる1週間でした💦


昨日は久々の休み♪
今日は気分も爽やかにレッスンに出かけました^^


いつも2人1組のレッスンの生徒さん。
留守家庭中に熱中症になったのか弟さん、頭が痛くてお休みしました。

今年は特に気温が高いので、十分気を付けたいところです。



というわけで1人60分のレッスンとなりました!^o^


60分と言う事は学校の授業よりも長いでしょう?
始めは気分も下がり気味のお兄ちゃん。
でも始めてみるとあ~~~っという間に終了♪

これにはお兄ちゃんもビックリ!



御一人様60分の贅沢なレッスン✨
日ごろできないことをゆ~っくりレッスンしました♪

手の中の空気の入れ方、覚えにくい音符の覚え方 、日頃力み過ぎてしまうスタッカート等々。


最後はアプリのリズムくん(^0^)/


本当は毎回こんな風に、ゆ~ったりレッスンしたいけど、
次に待ってる生徒さんがいるとそうもいかず
常にバタバタ&早口…。

反省してるけど、限られた時間で「あれも出来る?これも出来る!?」とつい欲張っちゃうんでうよね。。。

やっぱり反省します…。


さて、次の生徒さんは
『先生ごめんなさい。れんしゅうしてませ~ん』
から始まりました(苦笑)

実はこの生徒さん、 1ヶ月前にも同じことがあり2人で対策を練りがんばろうねって決めたばっかりだったのに『何で〜💦』て
叫んでる場合じゃありません!


生徒の練習の意欲が湧かないのは目標がないからです。


ましてや今練習しているのは地味なバーナム16分音符練習と指変えのない五指の練習曲。


目標を
手の甲にお盆を乗せて お茶をこぼさない様に運ぶ手と決めました。



1小節ずつゆっくり、ゆっくり。
お茶をこぼさないように手を支えて。



『出来た!』




全部続けて早く弾くのは無理だけど、ゆっくり1小節ずつだと出来ました♪

自信が付けばもう後は大丈夫

まずはゆっくり4小節仕上げれば、後半の4小節は自力で頑張れます^^



そう、地味な練習を続けるのは
自分の身の丈に合った目標と 達成感の繰り返しです。


なんてかっこいいこと書いてるけど、こんな風に具体的にわかるようになったのは、最近読んでいるピアノの先生達の著書のおかげです(^^;



私のレッスンは一軒づつ訪問しながらの出張レッスンなので、持って行く道具も半端じゃありません…!

今までは大きなトートバックにたくさんのレッスン教材を詰め込んで、
ヒ~ヒ~💦言いながら階段上ったり、駐車場から歩いたり
しておりましたが、もう体力持たない…。

ましてや今年の夏の暑さ!

この炎天下に歩くだけでも干からびそうなのに、大きな荷物を持って歩くなんてとんでもない!って
感じです。

前々から気になってた小さな旅行用のカバン。
ちょっとお洒落で赤毛のアンが持ってるカバンみたいな感じ

どうしようかな~。
予算オーバーかな…?
でもほとんど毎日使うしな~。

と、躊躇してた矢先!
ネットショップの年に一度、この日限りの20%の割引日

この日に買わない理由はないでしょう!

で、ここで購入

なんと!¥6615+プレゼント付!!
レッスンカバン1

ちょっとピンボケ…?
でも可愛い

で、中はこんな感じ

レッスンカバン2

生徒さんにも「可愛い~」と受けが良くて嬉しい^^
ゴロゴロ付いてるから、荷物増えてもへっちゃらだ~い(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。