FC2ブログ

今日は何の日か知ってましたか?

音楽をしている方だったら知っておきたい、なんと「ドレミ」が発案された日だそうです♪

イタリア中世、修道士のグィード・ダレッツォは楽譜によって楽曲を記録する方法を考案しました。
1024年6月24日、クリスマス半年前の聖ヨハネの日に、ダレッツォの指導により、各節の最初の音が1音ずつ上がる「ヨハネ讃歌」が歌われました。

「聖ヨハネ賛歌」は、6つの句が音階のうちの一つで始まり、しかも1句ごとに上昇するようになっていたため、句の最初の文字「Ut Re Mi Fa Sol La」を利用したそうです。

Utは現在でもフランスでは使われていますが、発音しにくいため「主」を示すDominusのDoに変更されたそうです。

これは初耳!(驚)

後に「聖ヨハネ賛歌」の最後の歌詞からSiが加えられ、現在使われている「ドレミファソラシ」が完成したと言われています。

「階名唱法」はポンポーサ時代にすでに考案されたと聞いてますが、当時彼の書いた聖歌集は失われていて、よくわかっていないと言う事です。

聖ヨハネ賛歌
スポンサーサイト