FC2ブログ

今週はLiveが続きます♪

7回目を迎える「Graceななかまたちin箱崎水族館Live」

今回は私にとって、とっても嬉しいステージでした♪

と言うのは、ずっと封印していたさだまさしの曲を友人のKが歌ってくれる事になったんです

さだまさし(グレープ)と言えば「精霊流し」と言われるくらい暗い曲が多いので、私の周りには中々ファンがいませんでした。
自分もさだまさしのファンだとバレる(?)と=「暗い」レッテルが貼られそうで、当時は(ティーンエージャー)誰にも言わずコッソリと聞いておりました。

確かに「グレープ」時代の曲は暗い曲が多かったけど、解散後ソロになってから、特にアルバム「帰去来」「アンソロジー」「風見鶏」の3枚はティーンエージャーの乙女心をくすぐる歌詞だらけで、私のに直球で歌詞が入って来たものです。

それが昨年、windyのbaseさんが、郷里(長崎)でさだまさしさんから歌詞作りを伝授してもらったと聞き狂喜乱舞!?。今はもう手元に残ってない3枚のアルバムをダビングして頂き、夜な夜な聞きながら当時(10代の頃♪)に戻っておりました

そんな中、先月の箱水の練習で「来月は自分のお気に入りのプログラムだから好きな曲リクエストしてね~♪」の声に
「好きな曲…、10代の頃はさだまさしを良く聞いてたけど…」と小さな声でつぶやくと
「え~~~っ!!!私もさだまさし好いと~よ~うそ~!」と、博多弁だったかどうかは定かではありませんが、私の真横にさだまさしのファンがいたんです。

と言う訳で前置きが長くなりましたが、友人K子にアルバム「アンソロジー」から「セロ弾きのゴーシュ」を歌ってもらえる事に。

さだまさし「花歌集(アンソロジー)」より
「セロ弾きのゴーシュ」


あ~、しあわせ
箱崎水族館Live vol.7
スポンサーサイト