ピアノを始めて三ヶ月のAちゃん。

ねこの手(ピアノの手の基本形)、音符歌、リズムカードに音符カードetc。

ピアノを弾く前することは山ほどあります

全てのカリキュラムを40分の中でこなすにはスピードが肝心。

と言う訳で、音符カード並べも
「5かぞえるあいだにおんぷカードならべてね♪」
と言う事になるので1分間で10回くらいできます
音符カード1 → 音符カード2

リンゴシール+よみがなは毎回宿題です。
音符歌
1拍の拍子感が身に付くリンゴシールは市販の赤いシール。
=1拍なので
レが2分音符の時は「れ え」とそれぞれに書きます。

だから「げんこつやまのたぬきさん」もおんぷよみのレッスンでは
れえれれ れれみい れどらら らあああ
となります。

習い始めに使う「ピアノひけるよジュニア①」の最後まで
全てリンゴシール+よみがなを書き、手拍子しながら音符で歌います。
もちろん「れえええ」とおんぷ言葉でのばしながら。

本が最後まで終わったら、リンゴシールの中のよみがなは全て消しゴムでゴシゴシ。

今度は音符歌を歌いながら弾きます

他にはプリントぬりえもします。
ぬりえで集中力
「はみでないでね~~~」と呪文の様に耳のそばで歌いながら(笑)塗り絵をします。

はみ出ないようにゆっくり作業をすると集中力が付きます。
でもこれも1問1分以内です


こんな風に弾いたり歌ったりカードしたり。
短い時間にするので、レッスンはまるでジェットコースターに乗ってるように加速したり減速したり。時には脱線したり!?
それぞれのカリキュラムは長くても5分ほど。
ピアノを弾くことだけはじっくりゆっくり、それでも10分くらいかな(笑)

そんなこんなの導入期は、40分のレッスンが終わったあと
「え?もうおわり?」と聞いてくる生徒が殆どです


そんなこんなのてんこ盛りカリキュラムがジュニア①のシール貼りが終わる頃まで続いたら「弾く」を中心のレッスンに入ります♪

Aちゃんももう少しでジュニア①終了です
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。