FC2ブログ

以前から、曲が仕上がる度に「録音」はして来ましたが、記録としてストックするには良いのですが、即効性はなく、生徒によっては「お蔵入り」にする事も少なくありません(苦笑)

そこで、最近では即座に録画。今まで弾いていた映像を見ながらレッスンすると、子供たちは自分の演奏を真剣に客観視するようになりました。

1曲丸ごと録画することもあれば、手の動きや力加減を直す際に瞬時に録画することも。

ipado2でno.1 自分の手の動きを真剣に見ています


ipado2でno.2 自分が演奏した曲を目と耳で客観視。

この他にも、教材としてアプリを使ったり映像が必要な時はyou tubeを開いたり。



最近では合唱の際、音量に限界はありますがyou tubeとi-tuneを使い、新曲決めをしました。

ipado2でno.3 床置きにしたipad、見えるかな…?
スポンサーサイト