FC2ブログ

ピアノを弾くうえで、腕の脱力は大変重要です。

指先は吸盤の様にピアノに吸い付く

腕の脱力1
(引っ張っても指はピアノにくっついてます)


手は手首まで弧を描く

手の中は「何か」を持っている様に

そして手首から肘を経由して肩まで続く腕は、経由地点の肘をちょっと支えるだけで常に「脱力」出来るフォームを作る方が良いのです。

そんな風に、ちょっと堅い言葉でシニアコースの方に説明しながら脱力した私の腕を触ったり、持ち上げたり(でも指はピアノに吸盤の様にくっついてる)してもらうと…、

生徒さんが

「あ、肉の塊・・・」



「・・・


笑顔で「そうですね。脱力するとピアノの腕は『肉の塊』になるんですよ」と答えました



冗談のような会話ですが、とても大切なピアノのフォームです。

皆さんも『肉の塊』を目指して『腕の脱力』を覚えましょう


ピアニスト仲道郁代 英雄ポロネーズ Chopin Heroic Polonaise Op. 53 さんの腕の動きを是非参考にしてみて下さい。

スポンサーサイト