FC2ブログ

今年の春、新しく生徒さんとなられる方の「体験レッスン」が全て終了しました(と言ってもまだ若干名ですが募集は続いてますよ)。

生徒やご両親も「どんな先生が来るんだろう…」と期待と不安で一杯でしょうが、私の方も「期待に応えられるかしら…」と生徒さんとは違った意味でドキドキものです。

お互いドキドキのうちに終わった体験レッスンもお問い合わせ下さった全ての皆さんが快い返事を下さり、来月から門下生としてピアノを習うことになりました。ありがとうございます。

そんな新門下生から先日嬉しいお頼りがありました。

今年の春1年生になった生徒さん。今弾いている「雨」の曲を楽しそうに弾いて下さいました。体験レッスンでは色んな「雨」を感じてもらいたく、ハ長調の曲を指1本でハ短調に。あっと言う間に「悲しい雨」に変わった曲に目をキラキラさせながら弾いてくれました。その生徒さんから、体験終了後早速メールを頂ました。

『とっても楽しかった様子で(でも先生が帰られた後、「なんであんなに先生は上手なんだろう?」と羨ましすぎて泣いていました 笑)何度も嬉しそうにレッスンの話をしていました。』

こちらの方が思いがけない反応に嬉しくて泣いてしまいそうですよ。


こちらは今年3年になる男の子。体験レッスンでは元気な曲を演奏してくれました。その曲を即興でアンサンブルしたり、美味しいリズム言葉カードを楽しんだり。将来は作曲したいと意欲的な男のです。そんな生徒さんから

『息子が体験レッスンの後に、「ねぇ、引っ越しとかないよね??」と聞かれて、「うーん、ないと思うよ。」と答えると、「良かったぁ。先生のレッスンをずーっと受けれる!」と、とてもニコニコしてました。先生とのレッスンが本当に楽しく、内容の濃いレッスンで、大満足だったようです。』

他にもお礼のお便りを頂きましたが、初めてのレッスンで皆さん本当に素直に全身で信頼して下さり、感謝の言葉もありません。

音楽を楽しむためにはどうしたら良いのか、夫々の生徒に合わせたカリキュラムで基礎と応用を大切に、そしていつか私の手を離れても楽しめる音楽、いつでも弾けるピアノを目指して、これからもレッスンを続けさせさせて頂きたいと思います。


「先生も引越しとかしなでず~~~っとピアノ先生続けるよ~♪」

初めてのピアノ


スポンサーサイト