今朝学生時代からの友人であり、音楽仲間の一人から一斉メールが届きました。
以下友人からのメールです(1部割愛してあります)

今回の震災、皆さんも心を痛めていることと思います。お友達や親戚など 何らかの関係者がいる方もいない方も、きっと心が震えてることだと思います。
(中略)
そんな中、れな&順子の二人は早速支援のために動き出していました。もちろん 音楽を通して何らかの形で思いや支援を届けるためです。そこには音の泉で私たちがこれまでにやってきたことよりより大きな使命があるような気がします。
(中略)
私ひとりでは小さな募金以外、これといって実際何も出来ないのです。日々自信をなくし気力に体力が追いつかずガッカリすることが多いのでひとりでは何も出来ないのだけどどんな形でも(受付でもサクラでも・・・(要)ドリンクの飲み物を頂くだけでも)関わることが出来れば自分の気持ちが救われる気がします。
皆さんの中で 私同様、それぞれの小さな力を出して合わせてみようと思ってもらえる方は ご一報くださいね。



これから計画しているコンサートは、観に来て下さる皆様に震災復興の善意の募金を頂くため、全て無料のコンサートとなります。遠方に出かけるときもあります。きっと金銭面でも時間的にも負担をかけることになるでしょう。それでも友人が代表して「音の泉」のメンバーや音大時代の友人に声掛けをしてくれたことに心から感謝致します。

私一人の力なんて微々たるものです。でも、みんなの気持ちが集まって大きな形になればきっと何かにつながると信じてます。

絆


スポンサーサイト

ピアノレッスン

学年が変わるこの時期、ピアノレッスンへの問い合わせも増えてきました。
レッスンの詳細は「ぴあの屋」をご参照下さい。
またメールでの問い合わせもしております。



先週まで、火曜日と木曜日の夕方に空きが有り「ぴあの屋」のホームページで募集したところ早速問い合わせが有り、火曜日は埋まってしまいました。
木曜日も今2件の問い合わせが来ておりますので、ご希望のお時間がお有りの方はお早めに申し込まれる方が宜しいかと思います。

出張レッスンは平日の火曜日から金曜日のみとなっており、今は木曜日の夕方が若干名空いております。
土曜から月曜日は、レッスン以外で行っております演奏活動や、不定期でご予約されてますレッスンをしております。

限られた時間内でのレッスンですので中々皆様のご希望に沿うお時間が取れませんが、学年が変わるこの時期は今までの生徒さんの時間改正の時期でもあります。諦めずにお問い合わせ下さればご希望の時間が見つかるかもしれません。

また春休みや新学年の下校時間が早い時期に体験レッスン(無料)も行っております。御気軽にお問い合わせ下さい。

一緒にユニットを組んでいるヴォーカルの大塚れなが、東北関東大震災で被災された方々にコンサートで何か出来ないかとブログを通じて呼びかけたところ、沢山の方からお話を頂きました。皆さん思いは一緒のようで、本当に嬉しい限りです。

私たちの演奏を聴いてくださった方々が、無理のないお気持ちで募金していただけたら大変嬉しく思います。収益金は私達が責任を持って全て震災復興の方々にお渡し致します。



以下全て大塚れな(ヴォーカル)と木下順子(ピアノ)による無料のコンサートです。会場によっては要予約、また容オーダーもございます。ご確認のうえ皆様のお越しをお待ちしております。


4月3日(日) 宮崎市加江田「天空カフェ・ジール」17時開演
 友人の追悼コンサートです
 Ⅱ部では震災のこと原発のイベントがあります。


4月17日(日)福岡県糸島市「ここのき」さんにて PM5:30開演
「いのちの歌コンサート」
 命の尊さ、一郷一会の素晴らしさを音楽とトークで伝えます。
4.17ここのきコンサートポスター

5月9日(月)AM10:30 福岡県糸島市「和楽mama(わがまま)」10:30開演
「ララバイコンサート」
 ランチ前のお時間に、お母さんとお子様のための「子守歌」ライブ♪
 ライブの後に、和楽mama(わがまま)さんのランチバイキングは如何ですか


5月23日(月)直方 ギャラリー「やすむら」(*詳細未定)
「亡くなった尊い命のための追悼コンサート」


その他 糸島市にある「しまうま」さんでもライブを予定しています。




ご予約やお問い合わせはメールにて
info@piano-ya.com 木下



30年前から、ずっとお付き合いさせて頂いているピアノの調律の方がいます。

当時、ピアノ科の学生だった私ですが小学校の頃から愛用していたアップライトピアノで受験も練習も続けていました。我家ではグランドピアノを買う様なそんな余裕などなかった時代です。

そんな学生生活もあと少しで終わろうかという時、学生時代に楽器を買っておけば免税になる、と言う話がまだピアノのセールなんて大々的にやってない時代の免税!こんな大きな値引きに飛びつかないのは損!
親に必死で懇願してみたところ、何度かの奮起の末念願のグランドピアノが我家にやって来ました

実は、現在も調律をお願いしているのは、その時にお世話になった楽器店の調律なんですね。今では私の生徒の大半は彼にお願いしているのですが、調律だけではなくピアノの購入の際にも親身になって夫々の家庭の事情にあったピアノを探して下さる素晴らしい調律師です。

前置きが長くなりましたが、去年から教えている生徒さんのピアノの音が何かちょっと変…お尋ねすると、引越しもありもう随分長いこと調律をしてないとの事。
そこで、いつもの調律の方をご紹介しました。調律の後レッスンに伺うと、ピアノはとても心地良く素敵な響きを奏でてくれました。それ以上に喜んで下さったのは生徒のお母様
よくよく話を伺うと、今子供たちが弾いているピアノはお母さんが子供の頃使っていたピアノだそうです。結婚後引越しもあり使ってない時期もあったそうですが、約30年間とても大切に使われていました。

実はそのお母さんが子供時代にピアノを使っていた頃調律に来たのが、何と今回ご紹介したピアノの調律師だったんです

まぁ、きっと調律師の方もピアノの中の記帳カードに自分の名前を見つけた時には驚かれたことでしょうね。
にしても時を経て、また同じ調律の方に巡り合えるなんて、本当に素敵な偶然です

ガラスのピアノ

一緒に音楽活動している大塚れなと糸島「ここのき」で無料のコンサートを行います。

このコンサートは、当初2月の27日に同会場で予定していたコンサートです。残念ながら、大塚れなの家族の様に親しくしていた長年の友人が2月の始めに倒れ、意識が回復することなく3週間後に他界。悲しい現実にコンサートを延期することにしました。

そんな折、東北での大震災。


そこで、私達の音楽がどれだけ東北の復興の役に立つかわかりませんが、しばらくの間私達のコンサートを無料で行い会場には義捐金の箱を置かせて頂くことにしました。
私達の音楽を聞いて頂いた皆さんそれぞれのお気持ちで構いません。東北の方のために少しでも良いので募金をして頂けたら嬉しく思います。
義捐金は私達が責任を持って全て東北復興のためにお渡し致します。


今までも私達は命の大切さをカフェや病院、小さなお子様のいる施設、学校等で演奏して来ました。震災に関わらず、ご要望があればこれからも命の大切さを演奏させて頂きたいと思っております。

私達の音楽で少しでもお役に立てることがございましたら、ライブの時でもメールでも構いません。いつでもお声を掛け下さい。
出来る限り、どこまでも出かけて行くつもりです。またピアノがない会場でもこちらでご用意出来ます。
どうかご相談下さい。

野外ライブ
my keyboard持参の福岡市・野外ライブ

まず手始めは、順延になっていた糸島の「ここのき」で無料のコンサートをします。
私達の音楽を聴いて頂き、一人でも多くの方のお気持ちを募金箱(義捐金箱)に頂けたら嬉しく思います。


4月17日(日) 17時30分開演
【地図】→クリック
福岡県糸島市前原中央3−9−1(唐津街道前原通り)

コンサートは無料です。
ここのき」の中にあるTanaCafeさんで1オーダーお願いします。
ドリンク代の売上すべても募金と合わせて寄付いたします。


定員は30名です。
ここのき」さんにお電話か大塚宛にメールでお早めの予約をお願いします。


<お問い合わせ・ご予約>
ここのき・TEL 092-321-1020
大塚れなのメール kinka_orpheus@mac.com

また私達のコンサートに少しでも共感し会場を提供してくださる方、企画をして下さる方、一緒にライブして下さる方、またはお手伝いしてくださる方等いらっしゃいましたら上記の大塚れな宛、もしくは下記ブログの管理人piano屋までご連絡下さい。
info@piano-ya.com


大塚れな(Vo)×木下順子(Pf) 大塚れな(Vo)×木下順子(Pf) no.2
ステージはもちろん、カフェやレストランでもライブを行います。ご相談下さい。

震災から1週間、毎日言葉にならない想いでテレビを見ています。

また、謝った情報でトイレットペーパーやお米、ガソリンの買占めが増えています。

どうか噂やチェーンメール等に惑わされず、しっかり現実を見て行動を起こして頂きたいと心から願います。


幸いにも西日本は被害を受けず当たり前の様に毎日生活することが出来ます。水も出まず。電気も付きます。風呂も沸かせます。
でも、今回の事で今まで見過ごしていた「何か」が生まれたように思います。



今の私に出来ることってなんだろう。

被災地の皆さんに水を送ることも、電気を送ることも、毛布を送ることも出来ません。
今私が出来ることは、音楽で誰か一人でも元気になり、その元気がその友人に伝わり、その友人の元気が遠く東北にいる親戚につながると信じて演奏させて頂くことだけです。

今後、仕事で演奏している音楽はもちろん、仕事以外で音楽活動しているvocalの大塚れなと私で何が出来るのか、良く考え行動を起こしたいと思います。


3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、いまだ救出されていない方のご無事を心よりお祈り致します。

昨日に引き続き、またまたカードを作りました

実は、レッスンで使っているピアノランドに4分の5拍子が出てくるのだけど、今までの4拍子とか3拍子は、私とせっせをしたり一人せっせで感覚を養ってたけど、流石に5拍子となると何かいるな~と思い、新しく作り直しました!

拍子カードNo.1

音符で歌いながら拍子の数だけ指で押さえて行きます。

実はこのカード、蛇腹になっていて、拍子に合わせて自由に折り曲げて使うことが出来ます
拍子カードNo.3


必要な拍子に合わせてカードを折り曲げ、
拍子カードNo.2
音符を歌いながら拍子のりんごを繰り返し指差します。


中強拍のある8分の6拍子では
赤と緑のりんごの時に大きな声で歌ってね♪と拍子感を色で教えることも出来ます


6枚のカードを蛇腹にするには、カードとカードの間に1mm程の隙間を開けてセロテープでつなげて行くと良いですよ。

昨日のレッスンで、低学年の生徒さんに

「♪の名前はな~に?」

って尋ねても、返事が返ってこない…!

「あれれ?今弾いている曲の中にもある音符だよ~

恐がらせないように、泣かないように(苦笑)優しく尋ねても返事が戻ってこない…!

仕方ないから

「これは8分音符だよね~☆」って言うと

「え?うそ~~~っ!」

と信じてもらえなかった


彼女曰く、音符が2つつながっているのが8分音符だと思っていたから、1個だけ旗が付いている音符は初めて習う音符なのに、先生は何で聞いてくるんだろ…、と半べそ状態だった。
(そんな~~~

ちゃんと音楽ドリルで何回も書いて練習までいているのに、結局ドリルは丸写しをした書写の練習のようなもので、音符の組み立ての意味を理解してなかったのだ…!

って言うか、
音符の組み立ての話を一度もしてなかった私が悪いのだ


と言うわけで、その日の夜シコシコと内職して作ったのが
音符の組み立てカード
(画像はクリックすると拡大します)

まずは「このまっしろけの音符の名前は?」
音符の組み立て1
から始めます。答が当ってたら、右の折り曲げてた帯を広げて
音符の組み立て2
「そうそう、りんご4個ぜ~~~んぶ食べるから全音符って言うのよ~」
とこじつける


続けて
「じゃ、りんご4個をお母さんと二人で仲良く分けたら、○○ちゃんのりんごは何固?」
と尋ねながら次のカードを用意。
音符の組み立て4
答があってたら
「そうよね~。仲良く2固づつに分けるから、2個に分けるって漢字を使って2分音符って言うのよ~」と納得させる

ここで生徒が「(納得)」したらこっちのもん
続けて、
「じゃ~、お父さんとお母さんと妹で仲良く分けたら○○ちゃんのりんごは何個?」
と尋ねて次のカードの用意
音符の組み立て5

「4つに分けるから、よんぶおんぷ!!!」と言う生徒もいるかも
音符の組み立て6
この調子で8分音符のときは「お父さんとお母さんと妹と○○ちゃんがみんな双子だったら?」と笑いを誘うと16部音符まで一気に説明することが出来ます
*その際、16部音符は有り得ないけど、みんなが4つ子と言うことにします
音符の組み立て

早速次の日、別の生徒に使用したところ、あっと言う間に音符の名前と意味を覚えてくれました
何で今まで作らずに教えてたんだろう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。