2月27日()「ここのきコンサート」延期のお知らせ


急な事で大変申し訳ありません。日曜日に予定しておりました大塚れなとの「いのちの歌コンサート」は、、諸事情により延期致します。
予定をして下さっていた皆様には心よりお詫び申し上げます。延期ライブの詳細は決まり次第ご連絡致します。


大塚れなのブログより詳細確認できます。→『オルフォイスの歌






スポンサーサイト

木曜日は、午後から音楽三昧の1日です

お昼をかき込み、おかあさんコーラスの伴奏へ =3
JAZZ MASSに初挑戦です!!

A Little Jazz Mass 「Kyrie


終わった後、大急ぎで自宅に戻り次回ライブのリハーサル!
今回はJ-popが中心の上、新曲が半分も士気が高まります

愛し君へ


お茶を飲みのみ、休憩を挟みながら19時までみっちりリハした後はwindyでお仕事です
GSやヴェンチャーズ中心のライブハウスですが、今日はいきなり新曲が多かった~


三者三様、全て違うジャンルを1日に味わえて満足~

第14回、ピアノ発表会の写真が出来ましたので、写真を見ながら今年の様子を少しご紹介致しましょう。

二年に一度行っている大きなホールでの発表会。初めての発表会は私がピアノ教室を立ち上げて3年目の1983年でした。

(クリックすると全て拡大出来ます)
第14回ピアノ発表会1
恥ずかしいくらい初々しいですね
この時中・高校生だった生徒さん達は皆40歳以上になってるんですね…



あれから28年。
毎回趣向をこらし、あの手この手でプログラムを考え、ステージを構成して来ました。その中で近年定着したのが『プログラムの順番は当日のお楽しみ☆』と言うサプライズ
毎回、当日になるとまるで子供達は通知表を見るように「わぁ~○番だぁ」「私○番!やった~」とはしゃいでいます。

その中でも、1番目の生徒決めは毎回慎重に神経を使って決めています。

まず、何度かステージ経験があり物怖じしない生徒。
1番目の生徒がこけ(ミス)ると、何故かその後連鎖反応の様に皆さんこけてしまうんデスね

次に選曲ですが、メリハリのハッキリした曲が柔軟に弾ける生徒。
どちらかと言うとインパクトが有り、派手目めな曲を選曲します。

最後に、プログラム1番に選ばれたら、その後1番になる事はない、と言う得点(!?)付きです


こんな風に慎重に考えながら決めた1番目の生徒さんだけは、発表会前にきちんと&ちょっと大袈裟に(笑)プログラム1番と言う名誉(?)をお伝えしています

生徒も1番目が大役だと言うことを長年の経験で知っているのか、申し渡された時は「不安」と「選ばれた」名誉が交錯するようです。

と言うわけで今年の1番目は
第14回ピアノ発表会2
今年高校生になるNさんにお願いしました♪
4歳のときから習い始めて11年。初めての大役です。
「連弾:ショパン作曲 英雄ポロネーズ」


今年はアンサンブルとソロ演奏を織り交ぜながらのプログラムにしてみました。実は発表会1ヶ月前に「アメージンググレイス」が大好きと言うことが分り、急遽プログラムに追加!ゲストヴォーカルの大塚さんにお願いして夢の共演となりました。


第14回ピアノ発表会3
何と、二人で合わせたのはこの日が初めて!
照明の演出効果も素晴らしい

初めてと言えば、こんな可愛いひよこピアニストも演奏しました♪
第14回ピアノ発表会6
この後彼女の靴が抜けたのですが、
『ま、いっか~』のひと言で会場は一気に和やかムードに

2年前の発表会はインフルエンザにかかり泣く泣くお休みした生徒さんも
今年は元気にステキなドレスで演奏しました
第14回ピアノ発表会4
「アルプスのばら」
「チューリップのラインダンス」


「ゆかいな時計」を弾く弟と一緒に
お姉ちゃんのウッドブロックでアンサンブルもしました
第14回ピアノ発表会5


プログラムの中からほんの少しだけご紹介させてもらいました。
また、今回の発表会は生徒の演奏の他に、長年の友人でもありブログでも紹介している音楽仲間が、ピアノの連弾や歌でステージに花を添えてくれました。

手嶋葵さんの「奇跡の星」と
NHKの朝のテレビ小説「だんだん」で歌われた
「いのちの歌」をデュエットして頂きました
第14回ピアノ発表会7
二人の透明な二重唱が会場を埋め尽くします♪

いつもご一緒させてもらってるソプラノ歌手の大塚れなさん
今回は日本歌曲とイタリア歌曲を1曲づつ生声で(スゴイ!)歌って頂きました
第14回ピアノ発表会12

ステージ最後は久しぶりに一人で演奏させて頂きました。
第14回ピアノ発表会10
いきものがかりで皆さんご存知の「ありがとう」を
松下奈緒さんのヴァージョンで弾きました。
照明効果も手伝って雰囲気出てます!?


フィナーレは「ありがとぉ~♪」の歌詞から会場とステージの灯りを全開
全員で熱唱して無事(?)発表会終了です♪
第14回ピアノ発表会11


まだまだ書き足りないこともたくさんありますが、会を手伝って下さった全ての方々に心からお礼を申し上げます。また会の進行を手伝ってくれた司会のお二人にも、心を込めて「ありがとうございます

第14回ピアノ発表会9 第14回ピアノ発表会8





2月27日() 糸島のここのき
いのちの歌・コンサート」で鍵盤弾きます

そう!大塚れなとのにわか結成ユニット
「シャ・ノワール」です

(クリックすると拡大します)
ここのきフライヤー
ヴォーカル 大塚れな
キーボード 木下順子


「いのちのうた」と言うと何だか重いイメージがありますが、今回のライブはみんながもっている、たった1つの大切な「いのち」(そう言えば、そんな歌がありましたよね)のおかげで出逢うことが出来たひとりひとりに、ありがとうの気持ちを込めて歌うライブです♪
って私が歌うわけじゃないんですが
ヴォーカルの大塚のブログにも詳細載せてます→クリック


参加費:大人¥1000+TanaCafeにて1オーダー要 中高生¥500 小学生¥300
(小さなお子様も安心して聴けるコンサートです)

お問い合わせは、ここのきさんか私宛にメールして下さい。


皆様のお越しを心よりお待ちしております


発表会終了後の休みボケの中、2月5日はこんなところでも演奏して来ました♪
福岡大学病院、新診療病棟開院記念のイベント
~いのちの大切さを考える~
メディカルホールメディカルホール
メディカルホールにて

ちょこっとだけ御高齢な方々が370名も集まりました!


福岡にも珍しく積雪注意報が出た2/10の次の日は、道路が凍結してないかヒヤヒヤしながら、糟屋郡篠栗町のう~~~んと山の上の方にある萩尾分校の木の実の里植樹祭でも演奏して来ました♪

残念ながら、写真はないのですが、分校の写真をHPから転写させてもらいました。
篠栗萩尾分校1

この木の実の里植樹祭って言うのが、とってもステキなんです
毎年、この寒い時季に木の実のなる樹を地元の子供たちと地域の住民達が力を合わせて植樹して行くのですが、5年後10年後…、実がなり山の動物達が木の実を食べ、その連鎖作用で木の実の種がどんどん山に広がり、自然豊かな山になる、と言う事なんです。

確かに緑の少なくなっている昨今、将来を見据えてのこの事業。素晴らしいですね。



そんな植樹祭を終えた方々が、一同に萩尾分校に集まり、最後は音楽で楽しんで頂こうと言う趣向のようです♪去年も演奏してきたのですが、山の上にある分校。それも体育館はとにかくめちゃくちゃ寒い!!!
たぶん下界とは温度差が5度はあるんじゃない…?

今年も着膨れするくらい着込んでいったのですが、町の方々は「今日は暖かいよね~。」
「え~!うっそ~~~!こんなに息白いのに!?」と心の中でつぶやく私。
「今日はマイナスじゃないから、ホント暖かい」と町の方…。

日頃はどんだけ寒いんでしょ~ね~



ついでにもう1つ♪

今月から城南区のママさんコーラス「コール・ラ・ピチーナ」の伴奏も三ヶ月ぶりに復活!今年の合唱際ではミサ曲(Kyrie)を歌います♪
私もJazz massを演奏するのは初めて。大丈夫か!?

雪だるまのピアノ弾き


発表会の後、1週間た~っぷりお休みを頂き、しっかりエネルギー充電!?をさせて頂きました♪休みと言っても、ピアノのレッスンのみで演奏とか雑多な仕事は山積状態全てをオフにしない限りどこかせかされている感じは抜けませんね~。


そんな休みのような休みじゃない日々もあっと言う間に終了 早速今週からレッスン再開です

発表会の後って新しく弾く曲も決まってないし、毎回何となくだらけてしまうのですが、今回は何だかいつもと違う

そう!皆さん自主的に練習をして来ているではありませんか

「え!?、何…?どうしたの…???」と思わずわが目を(耳かな?)疑っちゃ(いけないのですが)うよう練習風景!

特に曲が決まってない生徒さんは発表会の曲を、改めて練習しなおしたり、新曲を貰った生徒さんは意欲的に練習に取り組んでたり

とにかく今までと、ピアノに向き合う姿勢が違うんです


これぞ正しく嬉しい誤算ですよね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。