FC2ブログ

ホールコンサートと隔年で行っているミニ・コンサート、今回で24回目を迎えることとなりました


十数年前から、博多区千代にあるパピオビールームで行ってましたが、今回初めて九州YAMAHA博多店の地下にある『e-サロン』で行う事になりました。

24回ピアノ・ミニ・コンサート1

ミニ・コンサートでは100名足らずの小じんまりとしたホールがピッタリです



毎回ミニ・コンサートでは「当日プログラム」(順番を当日に発表)で生徒をドキドキさせて来たのですが、今回はもっとドキドキハラハラさせるために、くじ引きで順番を決めるという型破りの「発表会」となりました


演奏終了後、くじを引いて次の奏者を決めます。くじに当たった奏者はピアノに座り演奏の準備。
その間、くじを引いた奏者は私からの執拗なインタビューを受けます

24回ピアノ・ミニ・コンサート2


ピアノ発表会はとかくシ~~~ンとなり、妙な緊張感が。演奏が終わった生徒さんはと言うとお友達の演奏も聞かずお喋りしたり手遊びしたり

ホールコンサートでは、みんなにピアニストの気分を味わってもらいたいので、それなりの緊張感や静寂が会場を包みますが、ミニコンサートでは和やかに会が進むように私が博多弁丸出しの司会をします



24回ピアノ・ミニ・コンサート4

笑ったり緊張をほぐしたインタビューの後は、みな静かに演奏を聞いてくれます。



24回ピアノ・ミニ・コンサート5

ソロ演奏のあとはお母さんコーラスと生徒さんによる合唱です。



24回ピアノ・ミニ・コンサート6

最後は大塚れなさんの歌を楽しんでもらいました。
ピアノとは違う歌の響きに思わず会場もこれまでと違った緊張感が




今回はインフルエンザが蔓延する中、一人も欠席者がいなかったことは嬉しいことでした。
また、足を運ばれた家族の中に、お父様の姿が多く見られたのも嬉しいデスね♪
(中には遠く単身赴任されてるお父様も観に帰って来られてました)


来年は第14回ホール・コンサートです。
生徒さんのソロ演奏の他に、ご家族によるアンサンブルも予定してます。

さ、次回はどこのご家族(特にお父さん)にお声掛けしようかな
スポンサーサイト