FC2ブログ

私のレッスンでは、曲が仕上がるたびに必ず録音してあげます。

録音したあと、

『自分では上手く弾いたつもりなのに、
弾いてる時と聞いた時では何か違う』


必ず生徒さんが口にする言葉です。



そうなんですね。
弾いてる時と聞いてる時。

このギャップはどうして出てくるのでしょう?


ある程度弾けるようになると、技術的にも難しい曲が増えてきます。
そのこともあってか「弾く事」に必死になって「音符」を弾いてしまうんですね。

そこにある音の背景、音ひとつひとつの色、音符の長さと長さの間、そして呼吸。
いわゆる音符の「裏」にあるものがぶっ飛んで表面的な「音符」を羅列した音楽になってしまうんです。



自分が学生の頃、自分の音を聞くのが大嫌いでした。
そんな大嫌いな「音」を先生方がきちんと評価して下さる訳もなく、
私はいつまでたってもピアノの劣等性。

ただただピアノを「弾く」だけの人でした。


そんな自分の「音」に疑問を感じたのが卒業後始めたブライダルのお仕事。

披露宴で弾くピアノは食事に夢中で誰も聞いてないのですが(苦笑)
ビデオ録画されたものを聞いた時愕然としました…!

今頃!?って感じですが、自分で弾いた「つもり」の音とビデオで聞いた音の違いに恥ずかしくて消去してもらいたいくらいでした。
そこで努力すれば良いのですが、「どうせ無理だから」と自分の音に対する厳しい目を封印してしまったんです


自分の音を冷静に聞くまでには長い年月がかかりました。

やっと最近自分の音を自分で評価できる勇気が持てるようになりました。


ピアノは(音楽)は弾くのではないのよ。
自分の音を弾きながらお客になったつもりで聞いてね』


最近私がレッスンの時に良くする言葉です。


結局自分に言い聞かせているのでしょうが



おとつい、上原ひろみさんのスタジオ録音番組がありました。
彼女のCDは全部持ってます。
(コンサートも行きました♪)

CDやコンサート会場では彼女の表情までは伺えなかったので気付きにくかったのですが
彼女は弾く時鍵盤は見ずいつも何か「映像」を見ているような表情で弾きます。
時には涙を流したり。

まるで誰か他の人が弾いてる音楽に感動しているような表情です。

毎度の事ですが、彼女の演奏を見るたびに(聞く?)刺激を受けます。
その刺激を上手く生かせれば良いのだけど
余りにも差がありすぎて、ただただ傍観するのみです
1グラムでも良いから、何か得られたらな~。。。



上原ひろみ」さん 曲:Sicilian Blue



上原ひろみさんのトークと超絶技巧も必見!曲:I got rhythm



スポンサーサイト