特別養護老人ホームで行うボランティアコンサート音の泉」の練習に行って来ました。

今回は歌・合唱が中心で高齢者と言う事もあり昔懐かしい学校唱歌や昭和歌謡も歌います
昭和歌謡メドレーは「赤いリンゴ」→「青い山脈」→「東京ブギウギ」→「銀座カンカン娘」→「お祭りマンボ」をピアノ1本で伴奏です。
かなり無理があるけど当時その曲に馴染んだ方々には懐かしい歌のプレゼントが出来そうです。


4.30.1

「ここはこ~して…」「あそこはど~する?」
尽きる事無く打ち合わせは続きます。

4.30.2

すごい譜面の山です…。
スポンサーサイト

来週のボランティアコンサートで、ピアノのアンサンブルを入れる事になり慌ててネットで検索!
CD付きでディズニーのJazzアレンジと書いてあったので、購入してみることに。
この他にも、ソロのJazzアレンジの楽譜と坂本龍一も買ってみる事に。

以下の楽譜は、色んなシーンで使えそうでお勧めの3冊です。
全てのアレンジが自分好みではなかったけれど、かなり好きなアレンジの曲もありました。

今回はその中から「いつか夢で」を5/11のボランティアコンサートで演奏します。

CDが付いているので、個人練習する時も一緒に弾いてアンサンブル練習が出来大助かりです。

ピアノ連弾 中・上級 JAZZアレンジで弾く ディズニー連弾 (3) (参考演奏CD付)ピアノ連弾 中・上級 JAZZアレンジで弾く ディズニー連弾 (3) (参考演奏CD付)
(2005/11/14)
内田 美雪、金益 研二 他

商品詳細を見る

ピアノ連弾 中・上級 JAZZアレンジで弾く ディズニー連弾 (2) (参考演奏CD付)ピアノ連弾 中・上級 JAZZアレンジで弾く ディズニー連弾 (2) (参考演奏CD付)
(2005/11/14)
川田 千春、久木山 直 他

商品詳細を見る

ピアノ連弾 中・上級 JAZZアレンジで弾く ディズニー 連弾(1) (参考演奏CD付)ピアノ連弾 中・上級 JAZZアレンジで弾く ディズニー 連弾(1) (参考演奏CD付)
(2005/11/14)
内田 美雪、鈴木 奈美 他

商品詳細を見る

いつもの様に、ステージでの演奏中、左肋骨の背中辺りにぶ~い痛みが…。
「あ痛たた…、な・何だ~!?」

その後も、動かす度に鈍~い痛みがズキズキ…!

とりあえずその日はそのままほったらかしてたら、次の日咳したらものすご~い痛みが!
他にも、痛くて寝返りうてないし、座ったり立ったりする度にズキズキ!
何よりも演奏中、グリッサンドでもしようものならズッキ~ン!!と激痛が!

こりぁ~ヤバイ!と思い、昨日病院に行ってみると

「あ~、肋骨にヒビ入ってますね~。」

「ひび!?」(ゲゲゲ)

そ~言われればあの時、
演奏中咳き込んだので、グッと堪えてゴボゴボと、無理な体勢で咳した様な。。。
「それが原因!?」

頭の中に『骨粗鬆症&高齢』の文字がよぎってしまった

肋骨のヒビは薬を飲むくらいで、特に治療することってないんですね~。

仕方なく、今日も左脇腹を押さえながらグリッサンドして来ました


(写真と本文は全く関係ありません)
6台のピアノによるアンサンブル


*写真はJAZZピアニスト6人による6台12手のコンサート
(2005年1月29日 会場:ミューザ川崎シンフォニーホールにて )

ジャズ・ピアニスト6連弾 2008年公演 全国ツアー決定 だそうです!
肋骨にヒビが入っていても行くぞ~!と思ったら
九州公演はないそうです



私が鍵盤を弾いているライブハウス『Windy』には、ハウスバンドを含め全部で6バンドいます。
今日はWindyの全バンドが集まって、旧玉屋の跡地『GATE'S 7』で、約4時間に渡るコンサートをしました。

4.13.1


バンド間のつなぎでは、windyのバンマスが1バンド毎衣装を学生服や柔道着に着替え、得意の毒舌で聴衆を魅了します。
(満席のGATE'S 7)

4.13.2


6バンド(福岡ヴェンチャーズ、天神ヴェンチャーズ、ビートルズコピーバンド"JAN JAN"、スタッフの個人バンド"ビートファンデーション"、"カレン")、4時間に及ぶ演奏にも関わらず皆さん帰らずに最後まで聞いてくれました。

4.13.3


最後は全バンドがステージに上がって「想い出の渚」を合唱。
実はこの時バンマスが、お客さんの携帯のライトをペンライト代わりに降って頂くようにリクエストした所、
200名近いお客さんの携帯が曲に合わせて一斉にゆ~らゆら。とっても幻想的な光景だったのに、残念ながら誰も撮ってない!




音楽ボランティアサークル『音の泉』のフライヤーが出来ました。
(クリックすると大きくなります)

音の泉フライヤー

注* ブログではメールのみの問い合わせでFAX番号を控えさせて頂いております。

サークルの詳細等、お尋ねになりたい方は ここをクリックして下さい♪

来月、音楽によるボランティアサークル(と言っても自主サークルです)『音の泉』が福岡市西区にある『グループホーム』、『久留米井筒屋』、粕屋郡粕屋町の『レイクサイドかすや』の其々の場所でコンサートをするため昨日早速話し合いが始まりました。

みんな自分の長年の経験を活かし、歌やピアノによる演奏です♪

4.9.1

今回はクラシックからJ-popまでプログラムも多彩。
グループホーム等の年配の方々のために年配の方々のために「昭和歌謡メドレー」としてリンゴの唄やお祭りマンボ等、昔懐かしいメドレー集も入れました!

話し合いの後のお楽しみはもちろんこれ!美味しいピザに飲み物で、話も弾みます☆

4.9.2

日時・場所・時間・曲目等、決まり次第詳細upしますので、是非足をお運び下さい。
グループホーム以外は、皆さん自由に無料でご覧いただけます。


今まで色んな所で演奏して来たけど、こ~ゆ~場所も珍しいかもです。

4.5.2


実はリニューアルされたお寺のお堂の中。
祭壇にお尻向けての演奏です…!

4.5.1


新しくなったお寺のイベントのひとつとして演奏して来ました。

実はこの日、14時からはリゾートホテルの表彰式で数百人の前で演奏し、
終了後ダッシュで福岡市のとあるお寺のイベント会場へ。

4.5.3


司会進行は地元・福岡のラジオやテレビでウクレレ持って活躍されている岡部八郎さんです。

日が暮れる頃2回目の演奏を終え
またまたダッシュで、今度はライブハウスWindyで深夜まで演奏

長~~~い1日でした。。。

指の練習に『ねこの手』と言う言葉で基本的な指作りをさせているのですが
その中の『タッチ練習』として
ありさんのさんぽ、ぞうさんのさんぽ
そして今日新たにくものさんぽを取り入れてみました。

ねこの手の練習とは
招き猫の手をたとえていわゆる手を丸い形で
5指を7音階で弾かせる練習ですが
詳しくは後日ゆっくり「ねこの手」と題して書くことにします。

そのねこの手の中のタッチ練習の1つにありさんのさんぽと言って
ピアノ(弱く)でありの様にっすばやく弾く練習です。

ぞうさんのさんぽは、ぞうが歩く様に
力強い指を作る指の練習です。

今日新たに練習に取り入れたのは、タッチと言うよりも二音のレガートの応用で
三つの音を雲の上を歩く様に
『ド』ふわ~り、『レ』ふわ~り、『ミ』ふわ~りと言った様に
3音を使い、三音→三歩→散歩、と駄洒落の様な練習です

二音のレガート練習は、レガートが弾けない子供たちのために
『永瀬まゆみ』著作「ピアノテクニックの本」を使わせて頂いております。

ピアノテクニックの本


三音レガートは『のさんぽ』
さて、五音レガートは何にたとえたら良いかしら…???

スラーの弾き終りと弾き始めは
静かにやさしく、そう習った通り教えて来たけど
私はそれにもう一工夫して
『スラーって、虹のかけ橋のようなものなのよ♪』って話をします

スラーがフレーズの終りにある時や、休符が次に来る時は、
スラーとスラーの間のいわゆる『ブレス』も弾きやすいけど

下の楽譜の様にフレーズの合間だと子供たちには弾きにくいんですね。

スラーの弾き方
(ケーラー作、「お誕生日のマーチ」より)

ブレスは出来ても力が抜けず、時にはスラーの終り(この場合はレ)がスタカートになったり。

そこで私は、
スラーの「線」を虹の架け橋にたとえて
『虹の始まりと終りは、虹の様に儚く消えるように弾いてね』って話をするんです。

ついでに手で虹の様に弧を描くと、自然にクレシェンドデクレシェンドが弾けたりもします

の架け橋』
美味しいスラーのお話です

今日から始めるHIRO君です。

まだ4歳なので本来ならグループレッスンをお願いする所ですが
一緒に始める小さいお友達が近所にいなかったので
4歳から個人レッスンで始める事に

お母さんやお祖母さんの心配をよそに
HIRO君最後まで楽しくレッスン出来ました

初めてのお約束、ご挨拶や手を洗う事などのお話も上手に聞け
お姉ちゃんのお手伝いもあって
リトミックでは汗を一杯かいて元気に飛び回り(?)
リズムカードにいたっては初めてにも関わらず最後まで上手に叩く事が出来ました

リトルピアニストの誕生です
これから一緒に頑張ろうね

今日から


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。