29年来の友人の御主人が少年野球チームの監督をしていて
その球団と共に九州連盟を立ち上げる式典の時に
「連盟歌があったらいいなあ」と言ったのが発端で
ピアノの先生でもある彼女が鼻歌交じりで
「こんなのは~?」と歌ったのが何と後日正式に決まり
その曲に御主人が歌詞を付け開会式の選手入場に使う事に
なったそうです

そこで彼女から、入場行進曲らしくブラスバンドのアレンジで
録音出来ないかと相談があり、
何と私がDTM(デスクトップミュージック=打ち込み)でアレンジする事に!

ただ、ピアノ曲のDTMはした事あったけど
ブラスバンドは初挑戦
ミックスダウンする際にとうとうテンパってしまい
それを見兼ねたもう一人のKeyboardest兼アレンジャーT氏が
最後の仕上げを手伝ってくれて
どうにか期限内に友人に渡すことが出来ました

君へのエール1


デザインは頑張った!でも手直しされた

君へのエール2


やっぱり完璧に一人で音楽を作るのは10年(いんや20年?)
早過ぎたようです

スポンサーサイト


家の前のは満開で、風が吹くたびに桜吹雪が
我が家の玄関まで飛んできます。

この時期、色々な事情で辞めて行く生徒もいれば
新しく出会う生徒もいます。

今日は新しくピアノを始める生徒さんのお宅にお伺いして来ました

nanami&riku
『riku&nanami』
これから宜しくね




もうすぐ桜が満開になるこの時期
進学や引越しでピアノを辞める生徒が増えます。

今日もまた一人受験のために辞める生徒の最後のレッスンでした。

中学1年の夏、前の先生殻の引継ぎでレッスンを始めた頃は
自分がどんな音楽が好きなのか漠然としていた彼女も
やっと自分の好きな曲に巡り合い
クラシックからポピュラーまで色んなジャンルの音楽が
ピアノで弾けるんだと言う楽しみを覚えたようです。

最後の曲はアメージンググレースを彼女のために選びました。
美しいメロディーは年を問わず私達の耳に残り
世界各国で幅広いジャンルでアレンジされ
彼女にとっても心に残る1曲になる事でしょう。

saori1


saori2


受験が終わったらまた一緒にピアノ弾こうね


小学校4年の6月まで教えていたコースケ君。
とってもひょうきんでレッスンの時はいつも私を笑わせてくれました。

こ~んな感じで(白目むいてる…)

コースケ2


でも転勤で横浜へ引越してしまい
その後はお母さんとするくらいでいた。
でもお母さんのお話では今でもピアノを弾いてるとか。

そんなコースケ君と春休みにおばあちゃんちに
一人で遊びに来たついでに何と6年ぶりの会う事になったんです

おまけにコースケ君のメールに
「ピアノもみてもらえますか?」って
ピアノを教えているものとして滅茶苦茶嬉しいメールです

待ち合わせの場所に
まるでデートの待ち合わせをしているかの様に
ドキドキしながら待っていると
昔聞きなれていた「こんちわぁ」のひょうきんな声の変わりに
「ご無沙汰してます…」と低~~~い声。
驚いて見上げると
縦も横もでっかくなったコースケ君が立ってました

が良かったので海沿いのレストランでしながら
色々と近況を聞くと今でもずっと音楽続けていて
ブラスバンドで極めたトランペットを個人的に習っているとか。

それが、今回ずっとマスクをしていたので
花粉症と思っていたら肺活量を鍛える為だったんです
スゴイぞコースケ

1時間ほど近況+音楽の話をして
早速レッスン室へ移動
前々から好きだったジョージウィンストンの「あこがれ」を
弾いてもらうと、これがびっくり
譜読みが苦手だと言って耳で覚えたこの曲を
サラサラ~と弾くではありませんか

ここまで音楽(ピアノ)を好きでいてくれてたのかと思うと
ますます嬉しくなりましたよ

他にも、耳で覚えたサザンの「TUNAMI」やJAZZの名曲「TAKE5」・「枯葉」etc

コースケ1


コースケ君
君はもぉ私の生徒じゃなくりっぱな私のライバルです

次回は夏休みに来るとか。
楽しみにしているよ~~~



今日は朝からスタジオで練習です
今回の「音の泉」のコンサートでは
アコーディオンやドラムの方との共演もあり
同じ鍵盤楽器とあって興味津々
ましてやアコーディオンと一緒に演奏するのは今回初めて

Drのハンキンさんとアコーディオンのチャカポコさん

3.20.1


今回も二人の息はピッタリ!?
あひるちゃん&ボン

3.20.2


徹夜明けで疲れているにも関わらず
即興で「ラテン」のバッキングを演奏するみゆきちゃん
とにかくスゴイの一言です

3.20.3


チャカポコさんは二児のの母
たとへ演奏中でも子供の面倒を怠りません
2歳のお兄ちゃんはスタジオの大きな音にも恐がらず
練習が終わるまでお利口さんでした
実は乳母車にはもう一人まだ0歳の赤ちゃんが眠っています。
練習中一度も泣く事無くスヤスヤ(スゴイ
目を覚ました時はアコーディオンを前に
子供を背中におぶってての演奏です(これまたスゴイ

3.20.4


練習後は恒例のコーヒータイム
この時間が一番楽しいと思いきや
ここのスタジオの喫茶室、実はライブハウスなので
昼間は開けてないとのこと
仕方なく缶コーヒーを持ち込みましたが
スタッフの方が帰られる時間だと言う事で
15分でお開きにさせられました
残念

3.20.5


練習終了後はダッシュでレッスンへ
その後はを食し
またまたでWindyで演奏…。
夜はきっと爆睡する事でしょう



鹿児島に引っ越しが決まったちかちゃん。
今日が最後のレッスンでした

小さなにも関わらず、ちかちゃんの集中力はメキメキと実力を発揮し
4歳から習い始めてわずか2年と4ヶ月でこの手の動き

ちかちゃん1

曲が仕上がる度に録音し
今日は最後と言う事で家族の方にお客さんになって頂き
ミニミニコンサートをしました。
曲はベートーヴェン作曲「トルコ行進曲」
家族の前だけど本人はちょっぴり緊張したようです

ミニミニコンサートの後は
去年の8月まで一緒に習っていたお兄ちゃんと
記念撮影

三人で

努力の甲斐あって
鹿児島の超・超有名中学に入学出来ました

最後に
どこにいても常に音楽に触れて欲しいと言う願いを込めて
いつか必ずどこかで耳にするであろう曲ばかりを集め
ジャケットに二人の写真を添えたCDを贈る事に。

最後のプレゼント

いつか「あ!この曲知ってる!」って思うことで
音楽をより身近に感じてくれると嬉しいな




今日は初めての合同練習日
難曲の「ハレルヤ」に挑戦です

練習風景1

「音の泉」の発案者のレナ
彼女の歌の魅力は学生時代から変わらず
今でも聴衆を魅了します

rena

「ここはこんな風にね

練習風景3

「えっどこどこ
「???」

練習風景4

「振りはこんな感じ
ウリウリ

練習風景5

チラシも出来上がりました
パンフレット

忙しい中、ありがとうみゆきちゃん


先月、レナの言葉に賛同して立ち上がった
「音の泉」会の練習がいよいよ始まりました
今日は役者(?)にDrに大忙しのハンキン(と呼ばれているドラマー)さんと、
歌・ピアノ・キーボード・作曲・アレンジと多才な歌姫みゆきちゃんと三人で
「こんな感じの曲よ~」って感じの音合わせをしました

ハンキンさん&みゆきちゃんの練習風景

今回のコンサートは Drの他にアコーディオンやチェロにシンセ、
歌もクラシックからゴスペルまで多彩なプログラム
練習終了後は其々の音楽の話が盛り上がり
練習よりもタイムの方が長かったほど
これからが楽しみです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。