FC2ブログ


今まで何十年もピアノを弾き続けられた理由の1つに「初見」が出来ると言う事があります。
知らない曲でも譜面さえあれば(とりあえず)弾けると、その曲がどんな曲なのかすぐ分かるし、曲に対する興味も楽譜を見ただけで分かるようになります。
おかげで仕事に活かすことも出来、あらゆるジャンルの曲を幅広く知る糧になりました。

自分の生徒にも、早いうちから是非この能力が身に付いてくれたら、とこれも色々試行錯誤した結果、幼児期の内に好きな曲や暗譜の出来ている曲から入ると「初見」が上手くなることが分かりました。

暗譜の出来ている曲じゃ、初見にならないのでは…?と思われるかもしれませんが、初見の大切な要素にもちろん音符が読める、と言う事もありますがその他に「鍵盤を見ない」と言う技術が必要ですよね?

楽譜も見たいけど、鍵盤も見ないと弾く時心配…、と言う子供達が多く、結果、暗譜をしないと安心して鍵盤を見ながら弾く事が出来ないので、今までは1曲仕上げるのにものすご~く時間がかかることもしばしば

そこで考えたのが、隠し弾き~
手隠し弾き♪

と言ってもただ単に手を隠してピアノを弾くだけですがこれって結構子供達がゲーム感覚で弾く事が出来、すっごく楽しみながら弾くんです。

暗譜した曲なので音符に不安がなく、手を隠して弾けたりすると、すごく自信が付くみたい。
そうなれば初見の導入は出来たも同じ!
最初は、指変えのない簡単な曲で手を隠しながら始めて、曲数を増やして行くと、あっと言う間に初見の習慣が付きます。

私も、暗譜の出来ている曲は殆ど目をつぶって弾いています。自分の世界に入れるのですごく気持ち良いんです
みなさんも是非試してみて下さい
スポンサーサイト