FC2ブログ

前回の「最後のレッスン」の書き込みを見て
改めて色々な事を考えさせられました。

ピアノが好きで習い始めたけれど、理想と現実の違いに
止めていったレスナーがいかに多いか、
教える者として忘れてはならない事実でしょう。

好きな事なのに続けられない
原因があるとしたら
やはり教える側にあるのではないでしょうか。

今まであえて言葉にした事はないのですが
ピアノを教える者として
ただ「ピアノが弾ける」だけでは
決して「教師」とは呼べない
責任の重大さを改めて感じます。

ピアノがピアノだけに留まらず
音楽へつながる架け橋になる、
そんなピアノをこれからも教えて行きたいと
強く願っています。
スポンサーサイト