FC2ブログ


練習に反復練習は必須
でも、小さな子供達って何回練習したか分からないんですね。
ひどい時は1回弾いただけで
「あ~、いっぱい弾いた
な~んて満足する子も…。

そんな時大いに役立つのが「美味しそうなケシゴム」なんです。

たとへば部分練習を何度も反復する時
「年の数だけここを弾こうね」って言って
好きなケシゴムを年の数だけ選ばせ鍵盤の左端に置き、
1回練習するごとに右のケシゴム入れへ(ただの箱ですが…)。
そうすると何回練習したかはっきり分るので、
ケシゴムがなくなるまではりっきって弾いたり
間違えるとケシゴムを使えないので
間違えないように弾くよう努力したり
その上練習の回数を習慣付けるのにもとても効果的です

他には、幼児期の導入でよく使う
「ド探しゲーム」
(鍵盤の全てのドを探すゲーム)
で全てのドの上に置いたり
手首が揺れないようにするための練習では
手首にのせたりなど。

子供達が家で練習する時は
キャンディーや包んである一口チョコを使わせて
上手に出来ると食べるようにしています。

美味しいケシゴム同様
おやつを使うのはもっと効果絶大ですよ


kesigomu.jpg

スポンサーサイト