FC2ブログ


今日はモーツァルト250歳のお誕生日♪
生きてたらですが。。。
そこで昔読んだモーツアルトの手記に書いてあった1節より、

「休符の中に世界が広がる」

すっごく奥が深いですよね~。
私はこの手記を読んで以来
「休符」=「間(ま)」に変えて大切にしています。

音楽は元よりレッスン中の会話では
曲の説明や色んなお話をしている時
言葉と言葉の間(あいだ)にほんの数秒「間(ま)」を開けるんです。
すると子供たちは
「なに!? 先生どうしたの・・・?今の話の続きは?」
てな調子で私の話にものすごく集中してくれるんです。
で、その後すかさず大切な「要点」を簡潔に話すと
長々と喋り続けるより理解が早いんです。

時にはその間に自分で答えを考えたりもしてます。

音楽で使う「間」は休符と解釈せず
「呼吸」だったり息を潜めたり次への「扉」等
決して「休む」事無く
音のない音楽を作る瞬間としてとても大切にしています。
何となく感じてた「休符を」明確にしてくれたモーツァルトに感謝!

くれぐれも「間」伸びして「間」抜けにならないよう
気を付けましょうえね~♪

モーツァルトのつもり…

スポンサーサイト